NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 STATION5─新潟 レポPART5

PART1〜4の続きです。


14─Level Hi!

今回はひさよ先生を招いての振付講座有。

そして奈々さんの代わりにイタルビッチが歌唱w

ほんと良い声してるわ〜ww

やっぱりこうやって復習がてら振付講座があったほうがいいですよね。

Level Hi!は左右にタオルを振りますから隣席の方に当たらないように配慮する必要があります。

私の右隣の奴がタオルを何度も当ててきてるのに謝ってこなかったのにはさすがに腹が(ry

曲自体も明るく元気になれる曲ですから振りを完璧に覚えれば倍楽しくなりますね♪



[映像パート]

オープニングの映像の続き、列車の中の奈々さんがどこかから来た光に導かれ、外へ。

その光を追いかけて森(?)→川→橋と移動する奈々さん。

そして最終的に辿り着いた滝で見失った光を探し、ようやく見つけたと思ったら空に向かって昇っていく光。

空へ消えていく光を見つめる奈々さん。

映像が白くなっていくと同時にステージには羽根が・・・



15─囚われのBabel

Babelキタ━━━(゜∀゜)━━━!!

全身白の衣装で再び登場した奈々さん。

一瞬天使かと思ったのは内緒ですw

IE収録曲で今回がLIVEでの初披露になるBabel。

「完全・絶対・限界・条件」

この4つはコールがあるので必須ですね。

今回生で聞いてみて、LIVEで聞くとさらに高まるなぁと思いました。


16─残光のガイア

ようやくガイアがきたか…

ずっっっとLIVEで聞きたいと思っていた曲でしたので、めちゃくちゃ感激しましたね。

「Yeeeeees!!」のコールが楽しすぎるw

会場もUOが大多数(1Fの私が見渡した限りでは)でしたし、ガイアでテンションが最高潮になった方も沢山いらっしゃると思います^^


MC

「ここで嬉しいお知らせが2つあります!」

「1つはさきほども言った通り、この新潟公演で77公演目を向かえられたということ。」

「そしてもう1つは…水樹奈々、にゅ〜・・・シングルのリリースが決定しました〜!」

「今回は水樹が出演する作品、BLOOD-CのEDテーマを担当させてもらうことになりました!」

「水樹は小夜ちゃんという役を演じています。確か今は3話?までアフレコを終えているんですが…何言ってるのか全然分からないの(笑)それで先が気になるから監督に見せてください!って頼んだら、「僕も3話までしか知らないんだよ」って言われたの(笑)そんなの絶対嘘なのにね〜」

「作詞するために世界観を把握する必要があるから脚本を見せてくださいって言っても断られちゃったし…(笑)」

「そんなこんなで翻弄されながらも作詞に取り組んでます(笑)」

「曲名は純潔パラドックスです!純情の純に清潔の潔、まるで私みたい…ってちょっと誰〜?エロとか言ってるのは〜?wエロ師匠じゃないよ!wでもエロ線全然消えないんだよね(笑)むしろ増えてる気が・・・」

「あとパラドックスっていうのには逆説って意味があるんだけど、水樹の演じる小夜ちゃんは普段はおっとりした性格なのにバトルになると超人的な能力を発揮するんだよ!?」

(前方から)奈々ちゃんのLIVEみたーい!!!

「え?私みたい?(笑)確かに普段はボーッとしてるけどLIVEになってマイク持つとうぉおおおお!!ってなるからね(笑)」


まあ要約すると話した内容的にはこんな感じだったかな。

もちろん一字一句全てが合っているわけではないですし、忘れた部分や内容が前後している部分もあると思いますがどうか見過ごしてやってくださいorz


他には純パラは和テイストな曲になるという話もされていた記憶が。

和というと悦楽カメリアを想像しますが…

どんな曲になるのか楽しみだなぁ(*´∀`)

おそらく初解禁をするであろうスマギャンの放送が待ち遠しいなこりゃw



次へ続きま〜す

広告を非表示にする