神のみぞ知るセカイ? FLAG.11.0

こんばんは、大達人です。




さて、声優とアニメを中心に記事を綴っていくこのブログ。

ここ最近はLIVE JOURNEY新潟公演のレポが長引いたこともあり、アニメに関したものが書けていなかったので今回は久しぶりにアニメの感想等を綴っていこうと思います。

ネタがないからアニメの感想でも書くか…なんて微塵も思ってないんだからね!?


そんなことで、今日は神知る第11話の感想を〜!


まずはあらすじ(公式から引用)


純の熱血ぶりについていけず徐々に離れていく生徒たち。
それにショックを受けた純は、自分を励ますため大好きなプロレス観戦に出かける。
エルシィの特製チケットで純を待ち伏せした桂馬は、
そこで彼女が過去にぶつかった現実(リアル)の壁を突きつけて……。
理想と現実の狭間に向きあう若き教育実習生・長瀬純を描いた青春三部作、ついに感動の最終篇!!



今回のターゲットは母校へ教育実習でやってきた長瀬純(cv.豊崎愛生)

この長瀬回は上記にもありますように3話に渡って放送されましたが、相変わらずエンドが強引(ry


まあ要するにあれこれした後、最終的にキスして心の隙間を埋めて駆け魂を取り出すわけですね。

チクショー・・・可愛い子とキスばっかしやがって…俺と代われよ桂馬(そこかよww

まあストーリーは置いてといて、当然ですがヒロインは皆可愛いです(´ω`)

とくに今回の長瀬先生なんて…ね?

年上好みの私にはたまらないんですよ(知るかよw

愛生ちゃんの声も見事にマッチしてますし、キャラデザといい最高です。

最後の最後で不意にキスするシーンにはよく分かりませんが興奮しちゃいましt(とりあえず落ち着けw

今春まで高校生でしたから教育実習生が来る時期は自然と盛り上がったりするのは共感できますが、あんなに可愛い人は(ry

むしろ…^^;




ストーリーには若干強引さが見えますが、キャラが可愛すぎるので私個人としては±0…というよりはキャラからストーリーを差し引いても十分なくらいでした。

まあストーリーあってのキャラクターなんですがねw



1期と2期の登場キャラを比較しても

純>>>>>>(越えられない壁)>>二階堂先生>>>楠

と私の中では2期組の圧勝。

ちひろも良かったけどいつも心のどこかがいらいらしちゃって駄目だったなあ…


え?2人目がヒロインじゃないって?

こまけぇことぁいいんだよ(AA略

私の趣味ですのでここはスルーしてくださいw


そんなこんなで純の登場回だけBlu-ray買っちゃおうかなぁなんて思っちゃってるわけですw

気に入ったものは全て集めたいという私の性格上、純回を集めるだけに留まらず、気づいたら1期〜2期まで揃えていた…ってことも有り得るかもしれませんww

ん〜まあそのときの懐事情にもよりますがねw

とりあえず純が可愛すぎて久しぶりに色々と熱くなった回でした!


















追記



エンドカードたわし原っておいwww


次回予告の際に用いられるエンドカード

これも毎回密かに楽しみにしているんですが今回のエンドカードを描いたのはかの有名なたわ…じゃなくてうるし原智志


この人呼んでいいんですか?w


イラストはといいますとプロレスラーの衣装(ピンクとホワイト)の純が足を開く(以下略

けしからんと思いつつ、たわし原GJ!!と思わずテレビの前で呟いてしまった私がいますw

あのエンドカードを是非商品化(ポスター)の方向でお願いします(ないからw

広告を非表示にする