『阪口大助・杉田智和のトークイベント in 黒門祭』レポ PART5

PART1〜4の続きです。


・保志さん伝説

杉「とあるアフレコ現場で、居眠りしてる保志さんの頭の上にクモが巣をつくったという逸話があって…」

杉「居眠りしてる保志さんに『保志さん!あと〇カットで出番ですよ!』って言ったら何事もなかったように起きて声を当ててましたね」

阪「あの人は天才だよw」


・プロの脳さえ破壊する声

杉「あのね…本当にやばい人の声って脳を破壊してくるのよw」

阪「プロが言うくらいだからね」

杉「とくにパンデモニウム(cv.のとみ)のときなんかは…」

阪「あれはすごかった。見た目はあんなグロいのにまさかああいうことになるとはwあれが隣にいるんですよ?」

阪口さんはのとみとの共演が相当嬉しかった様子でしたw


・のとみの話題→君に届け

杉「君届いいですよね。爽子が可愛い」

阪「あ〜僕君届見てないんだよ。浪川君殺したくなっちゃうからw…だいたい何だよあれ!(風早君)あんなのモテるに決まってるじゃん!」

杉「僕は風早君じゃなくてもう一人の・・・龍がいいなって。声かっこいいな〜!でもこれ高校生の出す声か?wって思いましたよw中の人に黙ってキャラソンCDも買っちゃったし」

阪「君は本当に・・・w」

(龍のcvはゆうきゃん)


・世界一ほにゃらら

杉「今池袋に世界一ほにゃららの看板結構ありますよね。一般人はあれを見てどう思ってるんですかね?」

阪「でも片方は女の子に見えない?」

杉「ん〜どうですかね…」

阪「やっぱり無理あるかなぁwじゃあ何なんだろう…行き過ぎた友情?w」

会場「www」


・『察してくださいw』

杉「以前僕が鈴村さんに突っ込んでいくような作品があったんですけど…」

阪「うん、これで(会場の皆は)なんとなく察してくださいw」


杉「僕はそういうオファーがあったときはストーリーを読ませてもらって、ちゃんと恋愛ものになってれば引き受けさせていただくんです。だから基本的にほぼ断ることはないんですよ」

阪「僕はあんまりそういう仕事ないからなあ。この前かなり久しぶりにやったけどw」

杉「以前、中村×阪口さんで脇キャラに僕っていう収録があったんですけど、なんか途中からすごい楽しくなっちゃってw」


・森川さんと緑川さん

ある話題から森川さんと緑川さんの話へ

阪「やっぱり森川さんと緑川さんってすごいんだよなー」

杉「やっぱセフィロスヒイロ・ユイは違いますね…」

阪「アメリカで『お前を殺す』なんて言っても許されるのはヒイロくらいだよw普通はあっちでそんなこと言ったら射殺されるから!w」




ようやく次回で終えられそうです^^

それではー

広告を非表示にする