Minori Chihara Countdown Live 2011-2012 参戦レポ【PART1】

こんばんは、大達人ですー
 
 
GyaO!で先日から配信が開始された「Synchrogazer」のMV、かっこよすぎるだろ…
これなら何度でも見てられますね、鳥肌が半端ない。
サイバー奈々さん…すごく良いです(*´Д`*)タハー
 
CASTLEで聞いたときは「?」でしたが、今となっては大好きにw(音響が悪かったのも原因w)
もう聞いてるとじっとできませんねー、MVの奈々さん同様、体動かしながら歌いたくなってくるw
 
奈々さんに関しては、個人的に聞いてくうちに耳に馴染んでいくような楽曲が多いような気がします。
もちろん初聴でビビッとくる曲もありますがw
 
Synchrogazer」というタイトルにするにあたって、奈々さんはあえて"シンフォギア"に近いニュアンスの言葉を選んだそうです。
『Synchro』=共鳴・調和
『gazer』=見守る人
この2つの言葉が物語に大きく関わってくるとのこと。(声アニ1月号のインタビューより)
 
作品のテーマ、内容にも沿った非常に素晴らしい曲になっていると思います^^
MVもかっこいいですし、ほんと言うことないですね。
発売まであと8日、期待して待ちましょう!
 
 
 
さてさて、ネタも尽きたことですからここらでカウントダウンライブのレポを書き始めようかとw
物販関連の記事は後回しで先にライブ本編の方を。
といっても寝坊してあまりグッズ買えませんでしたがw
 
当日は15時頃に会場の神奈川県民ホールに到着、そして1時間とせずに物販終了。
カウントダウンの開場時間は21時半でしたので、6時間近く暇を潰さないといけないことにw
 

 
画像は日本大通り駅イメージキャラクターのアリス・ブラントン。
肩・胸・太ももがけしからんことに(ry
 

 

まったく、金髪美少女は最高だぜ!!(※ただし二次元に限る)

 
「せっかく横浜まで来たんだし」と中華街へ行くものの、激しい場違いな空気を感じ、肉まんだけ買って即離脱。
結局会場から歩いて10分ほどのところにあったサイゼで20時頃まで過ごしましたw
店内には同じくカウントダウン待機と思われる方や、ファイナル組が後から来たりしましたね。
 
エネルギー補充してから20時ちょっと前に店を出て、再び会場へ向かうことに。
そして会場に到着後、ワンセグ起動して奈々さんの出番を待機。
予想通り、ワンセグ流しながらペンライト振って跳んでる方もいましたw
 
奈々さんの出番が終わったあとはドリンク購入、トイレ等済ませ、入場待機列へ。
入場は定刻に開始、割とスムーズでしたね。
 
一つ引っかかったのはチケ確認の際に身分証の確認がなかったこと。
チケと一緒に身分証出しておいたのに、見せることなく終わりました^^;
ここに関してはアコステのときくらい厳しくやってほしいなぁと思いましたね。
でないと転売屋がつけあがりますし。
 
フラスタの近くにあった座席表確認し、自分の席のある3階へ。
 

 
5列58番…通路側ktkr!しかも出口のすぐそば。
あまり通路側の席になったことがなかったので、テンション上がりましたねw
これで心置きなく高く跳ぶことができるっ!
 
上の座席表ですとステージまで距離があるように見えますが、実際に席についてみると結構近く感じました。
そして私が驚いたのは3階の傾斜がかなりきついこと。
何かの間違いで落ちてしまいそう…な気がしないでもありませんでしたw
 
ちなみにステージのスクリーンには2012年までの時間が表示されており、分単位でカウントダウン。
あとは小さいスクリーンがステージの壁のあちらこちらに設置されていましたね。
全部で10台ほどありました。
 
着替え、リウム・フラッグの準備を済ませ、年越しの準備を整えたところで、ステージにスタッフが登場。(開演時間の15分後)
入場時に配られた注意事項の用紙に沿っての説明。
改造したペンライトの使用禁止、ペンライトは"片手に1本まで"等、『今回の公演から』という説明の仕方でしたので、4月からのツアーでもこのルールに関してはそのままでしょう。
 
噛み噛みのスタッフさんの説明が終わったところで、大声で騒ぐ連中をちらほら見かけました。
この時はまだ私が知らなかった、あんなバカのことをする連中がいるだなんて・・・
 
 
その数分後、
「時間帯も遅いし、会場内のテンション高ぇなぁw」とか思ってると会場の照明が落ち、いよいよ開演…!
 
 
次へ続くー
 
 

広告を非表示にする