Minori Chihara Countdown Live 2011-2012 参戦レポ【PART5】

<レポ PART1>
<レポ PART2>
<レポ PART3>
<レポ PART4>
 
 
PART1〜4の続きになります。
 
 

09-raison pour la saison

個人的にこのライブで一番化けた曲。
正直な話、あまり好きな曲ではないというか、自分に合わないなと思ってたんですが…
生で聞いたら自分の中にあったこの曲のイメージが180度変わりました。
こういうことがあるからライブ行くのは止められないですねw
みのりんもレゾンで完全に入り込んでいたので、聞いていて気持ち良かったです。
 

MC3

みのりん曰く、通し道歌→タミネを絶対に歌いたかった
この時点で、スクリーンを見ると2012年まで残り3分。それを見て驚くみのりん
 
・ホライゾンの2期が2012年夏から始まるので、楽しみにしててください♪
残り2分、いきなり慌て始めるみのりん
 
・皆やり残したことない?
・私は家の掃除!
40秒前→「ドキドキするね〜」
30秒前辺りから客席でカウントダウンがスタート、それにつられてみのりんもカウントダウン。
 
\ゴー!
                           \ヨン!/
             \サン!/
                       \ニー!/
\イチ!/
 
 
 

 

10-HYPER NEW WORLD

 「しまっていこうぜー」という声で新年の幕開け。
発売当初からカウントダウンの新年一発目で歌われるのでは、という声が多かったこの曲。
見事に期待に応えてくれましたね。
新年、しかも本当に2012年になり立ての時間でハニワ聞けたのは最高でした。
みのりんとの掛け合いも非常に多い曲ですし、新年早々テンション上がりっぱなしでしたよw
ラストは"しまっていこうぜー HAPPY NEW YEAR!"というカウントダウンverで締めてくれました。
 

MC4

みのりん「2011年だよ〜っ!」 
会場\2012年だよ〜w/
会場とケニーの冷静なツッコミで言い間違ったことに気付いたみのりん、ハニワを歌い終えた立ち位置に戻ってやり直すw
 
いやはや、2012年も残念街道まっしぐらですねw
と思うと同時に私は安心してしまった…これがみのりんなんですものw
 
・どうしよう2012年…
・2012年の茅原実里の目標は・・・忘れ物をしない!→\お、おう…/
・楽屋にあった抱負を書く紙に上記の内容を書いたらスタッフにガッカリされた
 
・2011年のうちに年越しそばの話しようと思ったのにぃ〜
会場内はライブ前に食べたという方がちらほら、ナベちゃんは食べておらず
みのりん「何で食べなかったの〜?」→ナベちゃん「(ジェスチャーで寝ていたというポーズを取る)」
みのりん「じゃあ今年はトライだねっ」→ケニー「ぼちぼち・・・」
 
またもやケニーの催促でスタートw
 
黄色のリウムを出すのに若干手間取りましたw
聞いてるだけでハッピー!
 

12-Final Moratorium

イントロ聞いてすかさずUGをポキッ
緑のリウム振る機会なんて私はないに等しいですから、何だか不思議な気分になりましたw
サマキャンでは聞く気満々だったにも関わらず、聞けませんでしたので、今回聞けてホッとしましたね。
カウントダウン後のハイテンションな時間帯で聞くことができたのも嬉しかったです。
 

13-Defection

PPPHいらねええええええええええええ」ってなる曲w
かっこよくて大好きな曲なのに、何故…と毎度悲しくなります。
みのりんのライブって無駄にPPPHのある曲が多いんだよなー、雨酒とかどう考えてもいらないだろjk
PPPHというよりは「おーハイッ!」というようなかけ声、俗にいうオーイングというものですね。
「みーのりん、ハイッ!」と名前被してる方も結構います。
 
私の見解としては、「みのりんの歌を聞きにきてるのに、何でお前らのかけ声聞かなきゃならないの?」と。
声優のライブでは基本的にコール、掛け声が入るのが当たり前となってますが、あくまでそれはパフォーマーや他の観客との一体感であったり、会場内をさらに盛り上げる、もしくは楽しむもの。
あまりにもPPPHが大きいとみのりんも歌いにくいでしょうし、聞く側もみのりんの声が聞こえにくくなる。
 
オーイングや名前被せではない"純粋な"PPPHだったら何も問題ないのになぁと毎回思ってますが、かけ声すら規制になったら…ね…
それに過敏に反応しすぎても、CDだけ聞いてりゃいいじゃんってなりますからね、まあ何だかんだで我慢するしかないw
ったく…やるのは勝手ですが、もう少し加減という言葉を知ってほしいものです。
 
・2012年も盛り上がってますか〜?
 
3階〜!→\いぇえええぇええ!/
2階〜!→\いぇえええええええええ!!/
1階〜!→\いぇえええええええぇぇぇえええ!!!/
女の子!→\いぇーい!/
男の子!→\うぉおおおおお!/
女の子!→\いぇーい!!/
男の子!→\うぉおおおおぉお!!/
スタッフー!→\いぇー!/
CMBー!→\いぇぇえええい!!/
 

14-輪舞-revolution

奥井さんが歌うのもいいけど、みのりんが歌うのもいいですね。
作曲が矢吹さんだとハズレが全くない、というか私が矢吹さん好きなだけなのかもw
いつかみのりんに楽曲提供を…(ry
 

15-赤い棘のギルティ

サマキャンの興奮再び…!
吐息&あの悩殺ダンスですね(ニヤニヤ
次はいつになるか分かりませんから目にしっかりと焼け付けておきましたw
 
大汗かきながらコールとジャンプw
やっぱりパラロスは盛り上がりますね。
会場が赤く染まっていて綺麗でした。
 

MC6

・お水飲んでる〜?
・次でラストです
 
事前のMCで「一緒に歌ってね」というみのりんからのお願いがあったため、歌い出しは観客のみで大合唱。
その後はみのりんも歌っていたんですが、歌ってる人と歌ってない人でバラけたみたいです。
まあマイク向けられてませんでしたし、こればかりはしょうがない…
私も曲中はどうすればいいのか分からなかったので、口ずさむ程度にしておきました。
ファイナルでは歌い出しの後も歌ってる方が多かったらしく、カウントダウンでもそれが再現されていればより良かったかなぁと。
 
サマキャンでは外が明るすぎて白のリウムを取り出しても全く意味がなかったんですが、今回はしっかり使うことができたので満足w
真っ白に染まる会場もいいものですね。
青、赤、黄、緑、黄・・・各曲で様々な色に染まる光景を見ることができるのもみのりんのライブの良い点。
他のライブに比べ、比較的に曲ごとにカラーが統一されていることが多いですからね^^
 
 
 
 
っと…少しは巻けたかな?w
 
次へ続くー
 

広告を非表示にする