読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Minori Chihara Live Tour 2012 D-Formation」千葉公演 レポPART2

 
<CMB インスト>
メドレー後、みのりんが衣装チェンジをするために裏に下がっている間はCMBのインスト。
同じCMBでもメンバーが変わるとこうも違った印象を受けるのかー、と感心。
馬場ちゃん×鍋ちゃんのツインギターはビリビリきますね。鬼アツ。
 
個人的にはもっとドラム分が欲しかったかも。
ガンちゃんのパワフルなパフォーマンス体感しちゃうと「あれ?」ってなっちゃいますw
まぁ決して今回のインストの構成に不満があるわけではないんですけどね。
『魅せるCMB』これは新生CMBにも引き継がれいるので、これからも安心して期待できますよっ!
 
09-この世界のモノでこの世界の者でない
衣装チェンジ→赤いスパニッシュ調の衣装。
スパニッシュみのりん
石川智晶さん作詞ってことでやはり石川節がきいてますねー。
インストからがらりと雰囲気が変わりました。
 
10-IDENTITY
「Celestial Diva」のc/wですが、これは盛り上がった!!
結構「最初からクライマックスだぜ!」感の強い楽曲なので盛り上がるのは必然かなw
みのりんがまた目の前に来て歌ってくれたので、またもやテンションがおかしなことになってました…w
 
<MC>
茅原実里、松戸デビューしましたぁ♪」
「八柱駅の隣はみのり台っていうんですよね(笑)」
これはMCの際に初めて耳にした情報。
新京成線「八柱駅」の隣が「みのり台」というらしい。
 

 
マジでしたw
 
私は新八柱駅からだったので、全く気づきませんでしたが…
これは自分で実際に撮影したかったなー。
ちなみに、
 

 
ちはら台という駅もあるんです。…みのりんファンとしてはしっかり押さえておきたい聖地w
これもMCでみのりんが触れた内容。
リゾートみのり号もそうですけど、やっぱりみのりんは列車関係に縁があるのかもしれませんね。
 
「ツアートラック見た人〜?」→\ハーイ!/(やべ、すっかり忘れてたorz)
「私も見たんですけど、もう見てる方がいたからこう…壁から」
[壁]д=)
「こんな感じで見てました(笑)結局見つかっちゃったんですけどね(笑)」
それ全然隠れられてないぞw
 
加えてこのMCでは「D-Formation」の話も。
ブログにも書いてましたが、I'veの参加には本当に驚いたとのこと。
KOTOKOさん中心にI've曲を聞いていて、ずっと「かっこいいなぁ」と憧れていたそう。
みのりんの夢がまた一つ叶ったようで、ファンとしては嬉しいですね。
 
I'veのイメージ→スーツを着ていて、かっちりとした人
どうやらこれがみのりんの思うI'veだったようですが、実際は違った様子w
「とてもTシャツの似合う方達でした(笑)」
 
あとはurarhythmで公開された「ライトセイバー」の動画w
「本気になったら終わらないよねぇ〜」と改めて激戦を振り返るみのりんでしたw
そんなこんなで、初の出張レコーディングは色々と楽しめたみたいです。
 
11-X-DAY
長門の進化系」などと各所で言われていたこの楽曲。
実際に同セトリに「雪、無音、窓辺にて。」があると、物語性がより引き立つというか…
気持ちよさそうに歌ってるみのりんを見て、こっちも高まらずにはいられませんでしたー。
ちなみに台詞部分も全て生です。
 
12-Defection
X-DAY→Defectionはアルバムの中で一番好きな流れなので、前曲と同じく弾けましたw
ちょうどみのりんがコールの部分で眼前に来てくれたから全力でコール。
ここら辺でやっとみのりん・CMBとの距離感に慣れてきましたw
あとは毎回言ってますけど、DefeでPPPHは入れたくない派w
どう考えても合わな(ry
 
13-暁月夜
叙情的なイントロから激しいメロディへ…やはりこういう楽曲はライブで聞いてこそですね。
そうそう、MC部分で書き忘れてたんで「D-Formation」の制作についての話で追加。
 
最初はアルバムのコンセプト的に「難しそうだから今回はいいです」と作詞を断っていたみのりん
しかし制作過程で「自分が作詞した方がいいだろう」と思い、4曲作詞することに。
今回作詞した曲(X-DAY、暁月夜、アイノウタ、夢のmirage)の完成を見たスタッフに、「茅原実里のどこからこんなものが出てくるのか」と言われたそうw
まぁこれは普段とギャップがありすぎてこっちも驚いちゃいますからねw
 
「自分でもこんなに作詞すると思ってなかった」
「年末は本当にノイローゼになったよ・・・嘘だけど(笑)」
ノイローゼまではいかなくても、締切に追われて頭を抱えているみのりんが容易に想像できるw
 
そんなみのりんが作詞を担当した曲「暁月夜」
私の大好きな大先生が大活躍の曲ですよ!大の3段活用ですw
この曲では結構大先生に視線を集中させてました。
間奏のSDT(スーパー大先生タイム)では大先生がステージ中央の階段に上ってソロ。
いやはや、あれは惚れるね…大先生最高や!
 
<MC>
「前のMCでも触れましたが、ニューアルバムをリリースした私…ニューシングルもリリースしました!買ってくれた人ー!」→\ハーーーイッ!/
ケイオスリングス?やってる人ー!」→\ハーイ!/
レディバを買ってる人に対して、ケイオスをやってる人が少なくて会場には笑いがw
タイアップしてる作品なんだからもっとチェックしてあげてよ!w
 
「何かいつもこのパターンだよね(笑)」
これ、ケイオスの関係者がいたらちょっとやばいんじゃ…w
スマートフォン持ってる人ー!」→\ハーイ!/
ケイオスリングス?、面白いらしいですよ…?(笑)」
ちゃんとスマホ所持してる方に向けての宣伝をしてくれましたw
私もやりたいんだけどな…何せガラケーなので、どうしようもないんですよ(泣
 
14-Celestial Diva
作詞:宝野アリカさん、作曲:上松範康さんを迎えてのニューシングル。
正直、めちゃくちゃ好みの曲。
こういう楽曲が一番みのりんの良さを引き出してくれている、と個人的には思っているので。
“Contactの茅原実里”って感じがします。
神秘的で、力強さも兼ね備えている。そして疾走感もあるので聞いててスカッとしますね。
 
怒涛の跳び曲ラッシュ!
目の前のみのりんとコールの掛け合い…いつもの120倍増しで高揚するなー。
 
レディバで一旦下がり、衣装チェンジしてからパラロスのイントロで再びステージに。
露出度高の青いドレス。去年のアニサマゆかりんとコラボした際に着ていたものに近いと思います。
 

 
腋、二の腕、へそ、太もものコンボはすごかった…あれは凝視せずにはいられなかった。
いやー、全くもってパラダイスがロストしてない件ですよw
むしろパラダイス。
 
16-TERMINATED
境界線上のホライゾン2期主題歌もみのりんが担当!ということで、境ホラ熱がまた上昇中。
タイトルは「ZONE//ALONE」いやー楽しみですね〜♪
これからもタミネはライブ定番曲として定着していきそう。
 
17-Tomorrow's chance
会場があっという間にUOの海に。
馬場ちゃんと鍋ちゃんがポジションチェンジ→鍋ちゃんが目の前にきた!
こんなこと言うのもあれだけど…なんとたくましいボディなんだ!w
しかもあの煽りを目の前でされたらもう跳ぶしかない!\wow wow chance〜!/
 
次へ続くー。

広告を非表示にする