「NANA MIZUKI LIVE UNION 2012」-SESSION2-宮城 参戦レポPART4

 
<MOVIE>
ブラニューを終えたところで暗転。
こちらも奈々さんのライブではお馴染みとなったライブ中盤の映像ですね。
 
「数えきれないほど旅をしてきた」
スクリーンに言葉が表示され、それを奈々さんがナレーション。
映像の内容は、「絆・団結」をテーマとしてものでした。
ヨーダのみんなと冒険したり、食事を一緒にしたり。
トマトとカレーの下りには思わずニヤリw
 
「翼となって大空をかけよ」
一番最後にこの言葉が流れると、それまで穏やかだったBGMが打ち込み系の音に変化。
そしてスクリーン中の奈々さんも衣装がバージョンアップ。
例えるなら・・・デジモン進化〜みたいな感じ?w
足元から頭に向かって、ベールのようなものが上がっていく。
 
衣装はGAMES BLUE STAGEのミュス辺りで着てた青い衣装の作りに近いかなー。
片足はすっきりしていて太ももまで出てるんだけど、片足には足元まで生地が伸びている。
「翼となって大空をかけよ」の言葉通り、翼をイメージした白いドレスと、羽根の髪飾り。
 
さて、BGMと衣装が変化していよいよ次の曲へ。
サイバーなBGM、翼をイメージさせる衣装。
何よりも「翼」という単語、これですよ。もうあの曲しかないでしょ!
 
あの映像からの流れで聴くシンゲのイントロは格別ですわ…
興奮しすぎて涙がこみ上げてきそうになるw
 
なんとここでステージ上段が開き、奈々さんがフライングで登場!
いや〜いいですね。シンフォギアのワンシーンを連想させるようなステージ。
空を飛ぶ奈々さん、客席で跳ぶ連合軍諸君…うむ、実にいい図じゃないかw
 
奈々さん単独のライブで披露されるのは昨年のCASTLEというわけですが、やっぱり音響は盛り上がりにも影響してきますねー。
あのときは初出しだったってこともあると思いますけど、音響があまり良くなかったこともあって、ただ聴くだけでうまくのれなかったんですよ。
 
まぁ今回に関しては、盛り上がらないわけもなく。
東京ドームと比較したら音響は比べもんにならないくらい良く感じますよw
\please tell me.../
\fly far away/
の部分は割とコール入れてる方も多かったかな?
この曲も今ツアーでかなり固まってくると思いますー。
 
16.NEXT ARCADIA
ちょ、熱中症で殺す気かw
シンゲ→ネクアルは相性良いですよねぇ。
 

 
さらにここでステージにもすごい演出が。
シンゲでのフライングを終えた後、センターステージ1に降りた奈々さん。
ネクアルでは1と2の間(赤く塗りつぶしてある部分)に奈々さんが移動すると、なんとそこから柵が出現し、そのままリフトアップ!
センターステージ2の中央を軸に、奈々さんを乗せたクレーンがスタンド側まで動く。
 
ということで、ネクアルでは私のいたスタンドYの方にも来てくれましたよー。
クレーンがそこまで長くなかったので、目の前までとはいきませんでしたが、肉眼で奈々さんの顔がはっきりと確認できるくらいの距離でした。
ただでさえネクアルだってのに、近くに奈々さんが…興奮で脳の血管が切れるかと思いましたわw
 
間奏では力の限りジャンプ。
30拍以上あるので、かなりの運動量になりますねw
 
<MC>
「関東以外でフライングするの初めて〜(笑)」
私もまさか宮城で飛ぶとは思ってなかった…
 
「ベストを除くと、アルバムは2年出してないんですよね」
「そろそろ出したいなあって島根公演で言ったんだけど…」
「なんか三嶋さん、会社に企画書出したらしいよ(笑)」
「これからすごい曲集めようと思います!」
 
ってことで、ニューアルバムの企画書をみっしーが出してくれたそうですよ!
しかも「変態曲作っといて」と、既にみっしーが制作陣に言ってあるんだってw
何だよ変態曲ってwそれはつまりエロ師s(ry
 
奈々さんも「もっともっとください!」とか言ってるしw
ドSな制作陣からどんな変態曲が生まれるのか期待(ぇー
 
「そして大事な大事なシングルが8月1日に出ます」
「ちょうど3日前にマスタリングをしてきました」
 
奈々さん曰く、
「BRIGHT STREAM」→ヒレカツ
「FEARLESS HERO」→エビフライ
「Sacred Force」→ステーキ
だそうです。
それくらいどれも素晴らしい出来ってこと。
食べ物で例えてくる辺り、奈々さんらしいですけどw
 
「全ての愛が詰まっているから、受け取ってください!」
 
17.BRIGHT STREAM
StSのCM内で聞けると思ったらAメロだけで生殺しw
まぁスマギャンでちゃんと聞きましたけどね。
 
劇場版「魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 2nd A's」の主題歌ということで、めっちゃめっちゃめっっっちゃ期待していた曲ですが、見事に期待を裏切ってくれましたよ…もちろん、良い意味で。
 
 
純パラやメトバロなど、ここ1年でリリースされた曲は難しい言い回しが多かったけど、この曲はド直球の歌詞で、ある意味なのは曲らしい。
イノスタ→ファンマイ同様、ブラストもエタブレの歌詞とリンク。
しっかりエタブレの意思を引き継いでます。
 
作曲はファンマイも担当していた吉木絵里子さん。
ケチのつけどころがないですね、さすがです。
イントロだけで鳥肌総立ち。
 
歌詞ですが…これヴォルケンサイドのことですよね。
もうそれを考えただけで涙が溢れてきそうになります・・・ライブでちょっと泣いちゃったけど。
今後の公演に参加される皆さん、心を打ち抜かれる覚悟が必要ですよ。
ネタとかなしに、心にぐっとくる。
 
歌詞に「真っ白」って単語がありますし、ブラストは是非真っ白に染めてほしいなー。
 
ブラスト終わってからイタルビッチがギターを変えていたので、「あ、ジャスビリきたな」とw
そして意外や意外。ジャスビリも生で聴くのは初めてー。
人気曲なのに、案外歌われてないんですよねぇ。
めっちゃ高揚したけど、グッと入る氏みたいにはならなかったw
 
19.Don't be long
ジャスビリを挟んでここでまたなのは曲。
怒涛の激アツ曲ラッシュ!
ドンビロはやっぱりゅーたんのベースソロがたまらんです。
 
<MC>
「次の言葉言いたくなーい!」
\聞きたくなーい!/\言わないでいーよ!/
「時間って何でこんなに過ぎるのが早いんだろうね?…楽しいから?」
\いぇえええええええええ!!!/
 
「みんなの熱気とパワーが本当にすごくて…」
「次の曲は絶対に歌おうって思っていて、今回のツアーのセットリストで一番最初に決まった曲です。」
 
20.宝物
私は歌を歌い続ける この瞬間 大切に
あふれる笑顔達 私にとって それが宝物
アンコール前を締めるのは「宝物」
あえてペンライトは振らず、じっと耳を傾けて聴いてました。
じ〜んとしちゃいますよね。
 
最後まで書ききったのに文字数オーバーだったぞw
…ということで次へ微妙に続くー

広告を非表示にする