読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」2日目 参戦レポPART4

Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-

 
 
22.「Black Holy」 / 小松未可子
Rayちゃんの次は、こちらもアニサマ初登場のみかこしこと小松未可子さん。
アニメ「モーレツ宇宙海賊」のイメージソング&ゲストEDテーマ「Black Holy」を披露してくれました。
モーパイは見てなかったんですけど、たまーに「Lady Go!!」を聴いていたので、曲自体は知ってたんですよね。
でも、そのときは「いい曲だなぁ」って思うくらい。
 
 
しかしながら、生で聴いて自分の中で何か弾けるものがありましたねー。
アニサマという大きなステージ、しかも初参加であれだけ歌いこなせるのはやっぱすごい。
それなりに声量もあったし、歌も上手かったです。
若手の声優さんの中でも頭一つ抜けてる感じがしました。

一気にファンになっちゃいましたよ…あの日以来、「Black Holy」が耳から離れないですし。
改めて聴いてみると、歌声がすごい魅力的。
こういう新しい発見があるから、アニサマって面白いですよね。
 
<MC>
「初アニサマということで、皆さんに協力してほしいことが…」
モーレツ宇宙海賊で私が演じる加藤茉莉香の代名詞、フレーズ」
 


「さぁ、海賊の時間だ!!」
 
「私が「さぁ○○の」と言ったら、「時間だ!」と返してください」
「さぁ、海賊の!」→\時間だ!!/「さぁ、アニサマの!」→\時間だ!!/「さぁ、コラボの!」→\時間だ!!/
 
まぁ分かりやすかったですねw
ここで恒例のコラボコーナー!ということで、
Rayちゃん、黒崎真音さん、そしてスペシャルゲストで織田哲郎さんがステージへ。
 
今年のアニサマテーマソング「INFINITY 〜1000年の夢〜」の作曲を担当している織田さん。
他にも数々のアーティストの楽曲を手掛けていることで知られていますよね。
ってことは、もちろん…?
 
23.「DAN DAN 心魅かれてく」 / 織田哲郎黒崎真音&Ray&小松未可子
名曲キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
織田さんが作曲を担当した楽曲からカバー。
今回はFIELD OF VIEWの名曲「DAN DAN 心魅かれてく」をコラボ。
Aメロの一部を織田さんが渋い声で、その他のパートをヲ嬢、Rayちゃん、みかこしの3人が瑞々しい歌声で歌い上げてくれました。
 

 
女性側にキーを合わせてたので、ZARDのセルフカバーver.って言った方が正しいのかな。
どちらにせよ、私の大好きなアニソンには変わりないですね。
ほんと選曲が素晴らしすぎて、涙が出そうになりましたよ…ありがとうございました。
 
歌い終えたところで、織田さんを残して3人が退場。

<MC>
「ポツンと取り残されてしまいましたw」
「ここでゲストを呼んでいます」
そう言って、一度マイクから離れ、ぐるりと織田さんが一回転。
 
「…初めましてボーカルのTETSUです」と、何事もなかったように、再び話し始める織田さんw

ご存知の方も多いと思いますが、織田哲郎=TETSU。
ここでようやく「あっ、シークレットなんだな」と気づきました。
・既に他のレコード会社と契約していたけど、CDを出してほしいと頼まれる
・じゃあ適当に名前をつけておいて→「TETSU」でデビュー決定→織田さん「バレバレじゃねぇかw」
っていうのがTETSUとしてデビューした経緯らしいですね。
織田さん本人はバレバレじゃん!と思ったみたいですが、意外とバレなかったそうですw
 
「結局、レコード会社にバレてお咎めを受けることなく済んだので、今回はもう時効ということで、TETSUとして歌ってもいいですか?w」
\うおおおおおおおおおおおおお!!!!/
 
24.「炎のさだめ2009」 / TETSU(シークレットゲスト)
そんなわけで、披露してくださったのは「装甲騎兵 ボトムズ」OPテーマ。
2009年に公開された劇場版のために作られた、2009バージョンですね。
 
 
それにしても、2曲続けておっさんホイホイとはw
イントロからアツすぎてむせましたよ・・・炎の匂い染み付いて…むせるッ!
何かこう、味がありますよね、大人の魅力的な。
TETSUとして人前で曲を披露するのは初めてとのことでしたので、そういった貴重な機会に立ち会えることができたのは非常に嬉しい限り。
 
<MC>
「実はちゃんとゲストを呼んでます・・・上杉昇!!
と、ここで織田さんがステージへ呼び込んだのは上杉昇さん。
 
「…え?え、WANDSの…?え、えぇ!?何、何が起きたの?」
織田さんがもう一曲歌うのかなぁって思っていた最中に紹介される更なるシークレットゲスト。
最初は「上杉昇」という単語にあまり反応できていなかった方が多かったみたいですが、「WANDS」という単語が出た瞬間に、一気にどよめく会場。
 
上杉さん「でかいし、きれいだね〜」
→ペンライトを振りかえして応える会場
意外にも、上杉さんと織田さんが同じステージに立って共演するのは初めてとのことでした。
 
織田さん「次に歌う曲は、当時上杉君自身もあまり歌ったことのない曲なんだよね」
上杉さん「そうですね…ほとんど歌ってないですね」
 
もう上杉さんが登場した時点で、?あの曲?しかねぇじゃん!と思ってました。
と同時に、「今からアレ歌うの?まじで聴けちゃうの?」っていう良い意味の胸騒ぎでいっぱいに。
 
そして、いよいよ演奏が始まり、静かにあのイントロが・・・
 
25.「世界が終るまでは…」 / 織田哲郎上杉昇(シークレットゲスト)

 
超名曲キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!
人目も気にせず、思いっきりガッツポーズしちゃいましたよ、自然と。
いや、まさかシクレでこんな素晴らしい曲を聴けるとは思わなんだ…。
 

イントロ流れる

鳥肌がオールスタンディング

涙腺がスラムダンク

安西先生、ハンカチが欲しいです・・・」
 …タオルで汗拭くふりして涙を拭きましt
こう言うと失礼かもしれませんが、「プロってすげーっ!」って言うのが正直な感想でしたねー。
90年代ブームを作り上げたグループを代表するボーカルは伊達じゃなかった。
喉からCD音源とかそういうレベルじゃないんですよ、もう。
ぐわーっときて、体全身が震える感じ…う〜ん、相変わらず分かりにくいw
 
自分の父親がすごいWANDSが好きで、小さな頃はよく家でCDを聴いてたんですよ。
スラダンはあとから漫画読んだくらいで、アニメをリアルタイムで見ていたわけじゃなかったけど、その頃を思い出して聴きながら何だか懐かしくなっちゃいました。
 
「こんだけ大きな会場で歌うのは初めて、緊張する」と上杉さんはおっしゃってましたが、ほんとに緊張してるんですか?とツッコミたくなるほど、キレイで澄んだ伸びやかな歌声を響かせてくださいました。
いやはや、名曲はいつになっても色褪せないなー。
 
〜休憩タイム〜
出演者が半分くらい出切ったところで、休憩タイム。
休憩入って数分はざわざわしてましたね、シクレ(上杉さん&織田さん)の影響でw
あのイントロ流れた瞬間の揺れるほど大きな歓声は本当にすごかった。
 
連れから「今年の休憩は去年みたいに中継とかなしで、ひたすらブシロードのCMでDAIGOが出まくってるよ」と聞いていたので、「ゆっくり休憩しようかな」なんて思っていると・・・
 

 
「どうも〜流田Projectでーす!」
スクリーンにはスタジオから生中継風に流れる映像が(実際は事前に収録されたもの)
 
Ex.メドレー:「Butter-Fly」 〜 「secret base 〜君がくれたもの〜」 〜「君の知らない物語」〜 / 流田Project
「Butter-Fly」のイントロ流れた瞬間、一息つこうとしていた人達が一気にUO焚き始めたのにはワロタw
休憩タイムなのに休憩しようとしないお前ら、そして休憩させる気がない運営w
私も跳びたかったのですが、後半に備えて座りながら心のサイリウムを(ry
ま、後半戦(とくに終盤)は命をかけての戦いでしたので、この判断は間違ってなかったと思いますw
 
流田Projectの出番を終えてからは連れの言っていた通り、ひたすらDAIGOがスクリーンに…
たまに映るミルキィを見つつ、連れと後半戦のセトリについてアツく語ってました。
 
26.「ワールドイズマイン」 / 初音ミク
27.「Tell Your World」 / 初音ミク
スペシャルゲスト、初音ミクさんがここで登場。
ボカロはからっきしなんですが、一曲目は聴いたことのある曲で安心しました(汗
「世界で一番お姫様〜♪」←一度聴くと、クセになる曲ですよねw
 
噂には聞いてましたけど、あの等身大のスクリーン投影、すごいーっ!!
アリーナEからステージを見る限り、本当に人が歌って踊ってるように見えるんですよ!
連れと一緒に「ミクさんすげー!」とか言って感動してましたw
会場がサーッと緑のリウムに染まっていったのもさすがでしたね。
 
そんなわけで、あと2記事くらい続きます〜。

広告を非表示にする