読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」2日目 参戦レポPART7

 

 
44.「INFINITY 〜1000年の夢〜」 / アニサマ2012テーマソング
アニサマTシャツに着替えた出演者(ほぼ全員)が再びステージへ集合。
一番最後にアニサマテーマソングを皆で。
 
〜最後の挨拶〜
七森中☆ごらく部(みかしー→ゆかちん→津田にゃん→るみるみ)
・みかしー「アッカリーン」→\アッカリーン/
・ゆかちん「ブルーレイも発売します!」
・津田にゃん「アニメも絶賛放送中です!」
・るみるみ「また絶対に帰ってきたいです!帰ってきます!」
 
 
○μ's from ラブライブ!
 
 
○後ろから這いより隊G(ゆかちん→まつらいさん→アスミス
アスミス阿澄佳奈です!」→\アスミース!!!/
3人・会場→\(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!/
 
 
ミルキィホームズ(みもりん→そらまる→みころん→いず様)
・卒業式風のMCに沸く会場w
 
 
・スクリーンに顔が映った瞬間、黄色い歓声
 
 
○Ray
・おっp(ry
 
 
・鈴健同様、スクリーンに顔が映った瞬間に大歓声
・「女性の皆様、本当に温かい声援をありがとうございました」
・「男性の皆様・・・・・めちゃくちゃアツかったぜー!!」
・ST☆RISHの楽屋に遊びに行く小野D←孤独に耐えられなかったらしいw
・でぃらーいでぃらーいのダンスをマモが真似w
・ステージに出たらでぃらーいでぃらーいを皆やってくれてたのがかなり嬉しかったらしい
・「あなたたちはサイコーです!!」
 
 
 
 
・「さぁ、アニサマの!」→\時間だー!!/
 
 
・「アニサマー〜〜〜」→\いぇええええええ!!/
・「インフィニティー〜〜〜」→\いぇええええええ!!/
・「楽しかったかー〜〜〜」→\いぇええええええ!!/
・「楽しかったぞー〜〜〜」→\いぇええええええ!!/
・「さいたまスーパーアリーナ〜〜〜」→\いぇええええええ!!/
・「ありがとうございました〜〜〜」→\wwwww/
 
 
・「私が登場したのは約5時間前なので、忘れている方も多いかもしれませんが…(笑)」
・「皆さんに応援していただいたので、その言葉を胸に、2011年も頑張っt…」
→\えぇえええええええええええええwwwww/
→\2012年だよー!!!/
 
・手で顔を覆って恥ずかしがるほっちゃん
・照れるほっちゃん可愛すぎ悶え死んだ
ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!(今日2度目)
・会場の「フレー!フレー! ほっちゃん!」コール
・フレーフレーコールの指揮をとるマモwwwww
 
 
・リウムを振るキタエリ
・「また気が向いたらちやほやしてやってください(笑)」
 
 
・「石川智晶です」
・「ごめんね、声のトーンが違くて(笑)」
・会場内から声援→「うん、ハイハイ」
・「別に適当にあしらってるわけじゃないからね?(笑)」
 
 
・K「えー、GRANRODEOでーす」
・K「僕はね、今日一気に小野大輔君のファンになっちゃいました」→大歓声(主に黄色い)
・K「まだ宮野君が言い足りないことがあるみたいで…」→マモ「(えっ!?みたいな顔するマモw)」
→マモ「これからも、ミルキィホームズをよろしくお願いします!」←無駄に良い声でワロタwww
・e「家を建てるなら、ミルキィホームズ!!」
・e「最後は例のセリフを・・・せーの!」→\・・・・・/
・e「うん、ないよね!!w」
 
 
 
 
・まさかの進行役→みのりんファン「(アカン)」
・思った以上にしっかり回せてるみのりんみのりんファン「(意外といけるやん!)」
みのりん「織田・・・」→下の名前を失念、周りに小声で確認するみのりん
・織田さん「どうも!小田和正です!」→みのりんファン「/(^o^)\(最後の最後でやりやがった…w)」
 
エンディング(メインステージからセンターステージを歩いて挨拶)
・スクリーンに映るほっちゃん→野太い歓声
・スクリーンに映るマモ・小野D・GR・鈴健→黄色い歓声
スペシウム光線を発射するマモ
・相変わらず顔がうるさいマモw
 
出演者で手を繋ぎ合い、挨拶をしたところでアニサマ2012の2日目が無事終演。
公演時間は約5時間に渡りましたが、気づいたら終わっていたというのが本音。
あんだけ楽しければ、そりゃ短く感じるよなー。
 

 
例年参加していた奈々さんとJAMが不参加だった今年のアニサマ
発表当初は、「だったら行かねぇわ」という声、残念・無念がる声が多かったのも確か。
私もこの2組が参加しない点については残念だなと思いましたし、正直ボリュームダウンしてる感は否めなかったです。
 
でも、それを感じさせない、むしろ「いつも以上に盛り上がってる!」と、私は感じましたね。
「また来年も来たい!」と思わせてくれる最高のライブだったんじゃないかなー。
少なくとも私はそう思ったし、「何で無理してでも2日間参加しなかったんだろう」と後悔してるぐらい。
 
アニソン界を牽引するアーティストを初め、フレッシュなメンツ、人気急上昇中のグループ、そしてシークレットゲスト…今年は例年以上にバラエティに富んでいて、色々な側面から楽しめました。
シクレに関しては、去年ハードルを上げすぎて云々とか言われてましたが、今年もビッグでしたよね。
コラボも合わせて、おっさんホイホイな選曲には胸が熱くなりましたよw
 

 
個人的には、男性声優の出演が多かったのが良かったですねー。
小野D、マモ、鈴健…なかなか男性声優の生歌を聴く機会ってないですし。
ST☆RISHなんて、ライブイベントに参加するには何百倍もの倍率をくぐり抜けないといけないもんなーw
そういった意味では、本当に貴重で目新しい時間を共有できたな、と。
 
他にも初めて生歌聴いて好きになった、興味をもった方もいました。
やっぱりそういった収穫が多いのもアニソンフェスならではですよね。
生きる楽しみが増える最高のイベントですw
 
えーっと…ライブ当日、自分の席の近くで見かけたのですが、
・お目当ての人が出るまでリウムも振らずに座ってる人(中にはずっと携帯をいじってる人も)
・お目当ての人の出演が終わった瞬間に帰る人
・トイレタイムとか言って出演者が歌ってるのに席を立つ人
私が「これはないなー」というか「残念だなー」と思っちゃう行為。
誰のファンだったとは言いませんが、お目当ての人のとき以外携帯いじくりまわして、連れと好き勝手に話すとか論外、マナー違反もいいとこ。
 
「何でもっと興味を持つことをしないんだろう?」
「いい曲を歌ってる、いいパフォーマンスをしているのに…もったいないなぁ」
と感じることが多々ありました。
もちろん、マナーの範疇なら座ったりとかは自由だし、楽しみ方は人それぞれだと思うんだけどね。
 
最後の挨拶で織田さんが
「こんなに観客の一体感のある異様なイベントは初めてです」
とおっしゃってたんですよ。
その通り!今年のアニサマも一体感は?異様?でした。
 
だったら、最初っから最後まで、その一体感を堪能した方が良くね?と。
自分のお目当てのアーティストだけ見て「あー楽しかった」で帰るのはめっちゃもったいないと思うんだ。
「よく知らないから」とかで片付けるのも、非常にもったいない。
てか出演者が全力で魂をぶつけてきてくれてるのに座るとか失礼、受け取ろうとしろや(←あくまで持論
 
・・・とか言っても、無駄なんだろうけど。
まぁ幅広く色んなことを楽しめてる私は勝ち組ってことなのかな。
変に捻くれたり、斜に構えてもいいことなんてあまりないのよ。
こういうのって楽しんだ者勝ちですから。
 
なんかよく分からんことを独り言のようにgdgdと書いちゃいましたが、とにかく言いたいのは
アニサマ最高!!
 
この言葉。
ここまで長々と書いてきたことは、全てここに集約されます。
開演から終演まで、会場と一緒に盛り上がることができたし、本当に楽しかった!
来年も絶対にここに帰ってきたい、そんな所存でございますー。
 
最後になりましたが、出演者の皆さん、それを陰で支えてくださったスタッフの方々、お疲れ様でした。
そして最高のライブを本当にありがとうございました。
来年以降も、めちゃめちゃ楽しみにしてますーっ!
 
さて、そんなアニサマ2日目のレポも終了のお時間。
気づいたら7記事も…最後まで目を通してくださった方、いたらどうもありがとうございました。
途中で「長ぇよ!」「つまんねぇよ!」と挫折してしまったそこのあなた…文才なくてごめんなさい。
 
Thank you everyone. Did you enjoy it? See you again in Anisama 2013

 
参加された方々も、お疲れ様でした。
また、さいたまスーパーアリーナで会おうぜー!
 
アニソンは最高だぁああああああああ!!!!!!!
 

広告を非表示にする