読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

円環の理に導かれて(※微バレ注意)


 
僕と契約して、映画を見に来てよ!
 

 
(うわぁ・・・何コイツ・・・)
 

 
というわけで、本日より公開が始まった劇場版「魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語」
観に行ってきましたよー、円環の理に導かれてw
それにしても、公開初日に映画見るとかいつぶりだろうか。
 

 
場所はバイオ?見たときと同じ、錦糸町のTOHOシネマズ。
上映時間の30分前に到着したんですけど、物販列やら入場待機列やらでごった返してました。
今日分の鑑賞券も既に売り切れ状態。
前もってクレカでインターネット予約しといて良かったー。
 

 
特典の色紙をもらい、意気揚々と自分の座席へ。
こういう特典ってすぐなくなっちゃうんで、無事にゲットできてホッとしました。
 
―約2時間後
 
うわぁあああああああああああああああああああああああああさやかぁああああああああああ!!!!!!
…すみません、取り乱しました。
いや〜、やっぱまどマギは面白いわ。
 
総集編なので話の大筋は変わってませんが、細やかなところが結構変わってましたね。
詳しく言うと、BGMだったり、変身バンクだったり。背景もすごかったなぁ、とくに学校の屋上。
…残念ながらマミさんはマミられまs(劇場版でも安心のマミさんクオリティ!)
 
「う〜ん、どうせ総集編だしなぁ…」と思われている方も少なからずいらっしゃると思いますけど、まどマギが好きなら、興味があるなら絶対に見た方がいいかと。
あまり言い過ぎるとネタバレになるから伏せますが、テレビシリーズを見ていた方なら冒頭から「んっ?」ってなるはず。
TV版1回しか見てない私で「…んんん!?」ってなったから多分誰でも気づく。
 

 
前編で進むのはテレビシリーズでいう8話まで。
ちょうどさやかが魔女化したところで切られます。
はぁ…相変わらずさやかが救われなさすぎて、見ててほんと辛い…。
 
8話分の内容を130分まとめるわけなので、当然カットされるシーンも有。
まぁカットがあるとはいえ、個人的に「はぁ?これカットすんのかよ…」ってのはなかったですね。
(体操着ほむほむがカットになっちゃったのはちょっぴり残念だったけどw)
逆に、「ここをカットしてきたか…(良い意味で)」というのはありました。
 
1話1話、区切りをつけていたものを削ったり繋いだり新しく加えたりして一つの流れ・物語にするというのは大変な作業だと思うので、総集編であの出来は本当に素晴らしいなーと。
総集編って聞くと、あんまり良いイメージがしないから、なおさら…ね。
 

 
130分もあるから、名言のオンパレードです。
わけがわからないよ。
 
 
初めに流れるOPテーマ「ルミナス」は作品の雰囲気にぴったりの出来。
「コネクト」はほむらの心情を歌った曲でしたが、「ルミナス」はまどかの気持ちを歌った曲。
発売日は今月10日か…早く買って歌詞をじっくり眺めたいー。
 
あ、EDはKalafinaの「Magia」が流れます。
まーどちらかといえば、この曲の方が作品の雰囲気というか、象徴って感じですよねw
 
 

 
見終わった後は、そのまま物販列並んでパンフを確保。
内容は新房監督、虚淵さん、うめてんてーのインタビューに加えて、キャラクターのステータスなど。
 

 
コンナイラストモアルヨー。
このイラストで、あの内容…現実は悲惨だぜ。
メガほむ可愛すぎ、マミさんおっぱい大きすぎ。…むにむに(揉
 

 
マ、マミさぁーん!!!
 
…と、900円なんで買って損なしです。
むしろ買わないと損です。
 
そんなわけで、劇場版まどマギ前編、初見の方にも既にTV版を視聴済の方にもオススメしたいですね。
劇場の大きなスクリーンで見るのは、家のテレビで見るのとは一味も二味も違いますよ。
独特の雰囲気と、それを盛り立てる音楽、そして魔女が潜む異空間。
映画館で見るからこそ、その圧倒的存在や魅力を肌で感じることができると思います。
他はレンタルで済ませてもいいから、これだけはガチで劇場に行って見るべし。
 
後編は一週間後、13日から公開開始!
発表された当初は早いだろって思ってたけど、今ならそれも理解できますねー。
今すぐにでも続きが見たいし。
テレビで見たときよりも心が落ち込んでもやもやしてるから、早くこのもやもやを解き放ちたい(笑)
 
初見組も既視聴組も、是非この機会に足を運んでみてください。
この作品を多くの人が見てくれたら、それはとっても嬉しいなって。
ふふふ、安心して絶望するがいいさ…ティロ・フィナーレ

広告を非表示にする