読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「田村ゆかり LOVE♥LIVE 2012 Autumn *Fall in Love*横浜公演」参加レポ PART2

田村ゆかり ライブ参加レポート

 
07.ひとひらの恋
08.Sensitive Venus
メンバー紹介の映像が終わり、水色の衣装に着替えたゆかりんがステージへ。
アコースティックverで2曲をしっとりと歌い上げてくれました。
こういう楽曲でのゆかりんの歌声は、何だか耳の奥が擽られるような不思議な心地になりますねー。
ブレスがやたらに色っぽくて、思わずドキっとしちゃったり。
 
<MC>
「2曲続けてアコースティックで聴いていただきましたー」
「ピンクの海がゆらゆら揺れて・・・・・海の中の赤潮のようでした!」
「暗ーい海の底を照らしてくれてありがとう、プランクトンたち」
 
「今日横浜に来て…昨日もリハで来てたんだけどね。会場に着いたら、ベストアルバムのトレーラーがゆかりの入るところにちょうど止まってて」
「許可もらってから外で写真撮ろうとたら、トレーラーがブーン!って行っちゃって」
「それでスタッフさんが皆『待ってーっ!』って追いかけたんだけど(笑)」
「公道だったから止まってくれないし、戻ってくるまで待ちますか、と」
「で、戻ってきてから、赤いトレーラーと2台並べて写真撮ったり、間に挟まってみたりしたよ」
 
「『私乗りたい!』って言って、助手席に乗せてもらった!」
「11tが一番大きいと思ってたんだけど、『これ、25tです』って言われて」
「あの中には夢も希望もない・・・間違った!夢と希望が詰まってる!(笑)」
 
「会場の周りを一周したんだけど、曲がるときにすごいはみ出るの」
「それでも全然ぶつかったりしなかった、当たり前だけど」
「で、『勘ですか?』って聞いたら、『勘です』って」
 
「(助手席に乗ってるとき)気づいた方が手を振って来たり、盗撮されたりしたんだけど、走ってるファンの方にスタッフさんがトラックと並走して「走らないでくださーい!!」って言ってて、何かゴメン…って思った(焦」
「…本当は運転したいよね!」
「可愛いあんちくしょーを乗せて(ドアを開けてバックする動きをしながら)」
「大型と牽引の免許が必要なんだってー」
「で、『そっかー』と思って」
 
「渋谷にゆかりのポスターがあるって聞いて、行ったんですよ、闇雲に」
「新宿3丁目をうろうろしてもなくて、インターネッツで調べてみたら、東口のアルプス広場にあるって書いてあって『どこだよ!!』って(笑)」
「結局見れてないんだよね、トレーラーにも会えなかったし…時間の使い方下手だなーって思った」
「ちゃんと調べれば良かった〜。情弱乙って思いました(;´∀`)」
 
「皆は見た?」
「あと、今日両親が福岡から来てるんだけど、福岡にも中吊り広告あったらしいです」
 
09.微笑みのプルマージュ
( ;∀;) <う…うぅ…
もう、イントロだけでアウト。
息することすら躊躇ってしまうなー、直立不動。
曲が終わる頃には心の穢れもすっかり浄化されてた。
 
<映像パート:ザ・ランキングテン[初恋]>
ここで再び映像パートに。
ザ・ランキングテンという何とも昭和臭プンプンなランキング番組が始まりましたw
 
司会はゆかりんの従兄、声優の服巻浩司さん。
お名前は知ってましたが、お顔を拝見するのは初めてでした。
すごく人の良さそうな方ですね〜(笑)
 
まずは横浜港からの中継風映像。
そして今回はドラマ「ツインテールはふり向かない」の舞台裏、撮影風景を放送。
こちらも「ザ・昭和」な作りで、おもっきし笑かせてもらいましたwww
 
中でも、みっしー監督の「おぉ〜とってもいいねぇ…」には会場が笑いの渦に包まれましたw
石岡さんの体を張った演技も素晴らしかったですねwww
こういうギャグに走った映像作るっていうのはちょっと意外だったなぁ。
 
最後は見事16位にランクインにした「初恋」を中継先のスタジオで披露。
清純派アイドルって感じがまた可愛いのよ…(?(? e ?`。?)←多分こんな顔して見てた)
初々しい演技が良かったなぁ、もちろん曲も良かったですけれども。思い出してニヤニヤしちゃう。
おばあちゃんがテーブルクロスで作ってくれたという衣装がステキでした。
 
10.Love Sick
11.エトランゼ
12.Beautiful Amulet
映像パート明けは、3曲続けて披露。
そしてなんと、Love Sickではサプライズゲストとしてmotsuさんが登場!
「来るだろうなぁ」とは思いつつも、やっぱ本当に来てくれると嬉しいですね。
 
煽りもすごく上手いですし、一緒にラップするのがこれまた楽しくて。
ラップパートはやや難しめですが、バッチリできました^^v
ま、王国民には朝飯前なんだろうけどw
 
<映像パート:世界のサビどん>
「また映像かよ!」と心の中で密かにツッコミ。
今度は外国人の方にゆかりんの曲を聴いてもらい、その方が歌ったフレーズ・メロディを聞いたり、動きを見たりして、何の曲が当てるというクイズコーナーです。
なかなか無茶な企画やなw
 
回答者は石岡さん、みっしー、ゆかりん、たまちゃん、御沓さんの5人。
 
○インド
第1問→答え:アイマイボーダー
ゆ「分かるか!!(怒)」
 
ゆ「…がるぼ?」
ゆ「バルス!!」
イ「アニキぼんぼん〜♪」
第2問→答え:Beautiful Amules
ゆ「どこよ〜(笑)」
 
○イタリア
イ「〜〜〜♪」
御「MERRY MERRY MERRY MENU…ね!」→×
ゆ「分かった!Rainy Rainy Sunday!」→○
第3問→答え:Rainy Rainy Sunday
確かにこれはメロだけだとちょっと似てる部分があるかも。
 
?「星屑スパイラル!」→惜しい!
イ「どの口で〜♪」
ゆ「星空のSpica!」→正解!
第4問→答え:星空のSpica
 
○アメリカ(通称ボブw)
ア「めろ〜ん(変な踊りをしながらw)
ゆ「めろ〜ん音頭!」
第5問→答え:めろ〜ん音頭
即答でしたね。グラサンかけてるし強面の方かと思ったら、すごく気さくな方だった件(笑)
 
ア「〜〜〜♪」
御「「MERRY MERRY MERRY MENU…ね!」→×
た「おしえて A to Z」→○
第6問→答え:おしえて A to Z
 
○ロシア(?)(女性)
ロ「にゃぱにゃぱ〜♪」
た「プラチナLover's Day」→正解
第7問→答え:プラチナLover's Day
 
ロ「〜〜〜♪」
た「微笑みのプルマージュ(即答」→正解
第8問→答え:微笑みのプルマージュ
 
結果発表…たまちゃんの優勝!
た「すごく簡単でしたね(ドヤ」
…が、本当はゆかりんとたまちゃんは同点でしたw(スタッフさんの集計ミスだったようですw)
 
いきなりすぎて戸惑ったり、一生懸命聴いた曲を表現しようと頑張る外国人さんを見て、ゆかりんやみっしーが笑いを堪えてるのが個人的にツボだったりしたコーナーでした(笑)
良い意味で酷い企画だったけど、見てる側としては面白かったし、結構会場も盛り上がったので良かったと思います。
・・・にしても、自分の中で「みっしー=奈々さん」のイメージが定着しすぎているせいか、みっしーとゆかりんが一緒にいる所を見るのは何だか新鮮ですね。
 
 
ここで衣装チェンジ、猫耳ゆかりんが登場(*゚∀゚)=3ハァハァ
13.夢色ラビリンス
14.アンジュ・パッセ
15.君とLOVE
夢色ラビリンスは転調多めの楽曲。
間奏でゆかりんがマジックを披露したりと、目でも耳でも楽しめる曲ですね。

アンジュ・パッセはダンスがめちゃくちゃ可愛かったなー。
猫耳があざというえに、あのキュートな振付とかもうね…(*´Д`)ウェヘヘ
正直、悶え死ぬかと思った。
<桃色男爵パフォーマンス>
ゆかりんのバックバンド、桃色男爵の演奏へ。
初めて生演奏聞きましたけど、めっちゃかっこいい!
クールかつ大人な雰囲気の中に、遊びが垣間見える感じ。
小気味良いテンポもノリやすくて、自然と体が反応しちゃいました。
 
16.Endless Story
桃色男爵→Endless Storyの流れはアツかったですねーっ!
間奏の掛け声がキャパ以上の圧倒的迫力。
 
<MC>Endless Story、聴いていただきましたー」
「皆さん、アツいですね。元気いっぱいですね」
「皆はベストアルバム買ってくれた?」→\ハーイ!!/
「わーい!ありがとう」
「正直、持ってる曲ばっかりだと思うけど」
「これくらいでいいや、ベストアルバムは…(笑)」
 
「来年1月から放送が始まるアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のEDテーマを担当させていただくことになりましたーっ」
「いくらだろうね、このCD」
「じゅーーーーーさん万?」→\えぇえええええええ/「ウソウソ!(笑)…多分1000円ちょっと」
 
「あ!今辿り着いた勇者が!」
「…帰るの!?」
「また来てねーっ!!」
「・・・つまんないこと言っちゃったかなぁ」
 
「多分1200、1300、1400、1500、1600、2100円くらい」
「今から毎日100円ずつ貯金してくださいね」
 
「そんなゆかりんですけど…」→\おぉおおおおおおおお!?/「そんなスペシャルなことじゃないよ!(笑)」
「最近何でもできるようになったじゃない(一人焼肉、一人居酒屋)」
「男子はそうでもないかもしれないけど・・・一人回転寿司」
 
「石岡さんに「えっ一人ですか?」って言われて、「まぁ…」って」
「それで「・・・あの、ゆかりさん…私一緒に行きましょうか?」って言われた」
「「あ、行きたいならどうぞ一人で」って言って、一人で行ったの(笑)」
 
「皆で行くと、好きだからってそれだけ食べるのって気が引けるじゃない」
「エビ・甘エビ、赤エビ、ボタンエビ、エビとアボカドのやつ…」
「さほど好きじゃないハマチを食べたくないし」
 
「で、一人で行ったらレーンが過疎ってて(笑)」
「「作りますよ?」って言われたから、「じゃあ、ウッ…ウニと梅しそ巻を」って注文したの」
「でも、ウニが来なくて…勇気を振り絞って「ウニは…わたすのウニは…」って聞いたら「あ!すいません」って。やっぱり忘れられてた」

「「パンダちゃんですよ〜?(海苔をデコって作った?)」って言って持ってきてくれたんだけど…(パンダちゃんかぁ・・・)ありがとうございます^^;」
「パンダちゃんから食べたんだけど、アイツ無味だった(´・ω・`)」
 
「でね、別の席で常連のマダムがノリノリで店長に話しかけてたの」
「でも店長は「…あっ、はい」って感じであしらってた」
「その常連さん、会計のときに高いマグロを4枚食べれる券みたいなのをもらってて、
常連いいなーと思って」
「1000円以上食べるともらえるって書いてあって、ゆかりももらえる!って思ってたんだけど、もらえなかった…」
「…べ、別に赤身そんなに好きじゃねーし!って言いながら帰った」
 
「この前通販で頼んだものがどう見てもキャミ2枚で、アンサンブルが入ってなくて…」
「それ、一ヶ月前のなんだけど、今日気がついたの」
「何でだと思う?そんなに幸薄い?」
「呪いの渦が湧き出てるのかもしれないね…君たちから」→\ふーっ!!/「やめてやめて!(笑)」
「もっと爽やかにいこうよ!」→\ふーっ↑/「もっと!」→\ふーっ↑↑/「もっと!」→\ふーっ↑↑↑/「もっと!」→\ふーっ↑↑↑↑/
「それでは、皆でドンパンしましょう!「パーティは終わらない」」
 
 
っと、次へ続くー。
 

広告を非表示にする