今井麻美3rdアルバム「Precious Sounds」発売記念イベント in ゲーマーズ名古屋店

整理番号は29番
さて、遅くなりましたが、先日のミンゴス3rdアルバム発売記念イベントのレポを書いていきますー。
名古屋に到着した後、ネカフェで仮眠→ゲマズへ向かって整理券を確保。
お昼過ぎくらいに受け取りにいったんですけど、意外と早い番号でした。

万松寺ビル 
ゲーマーズ名古屋店はこのビルの中。

ゲーマーズ名古屋店 
こちらが店頭。
名古屋には何度か来たことがありますが、ゲマに来たのは初めて。
中をぐるっと見回ってみると、イベントをするほどの広さもなく、そういったスペースも見当たらず。

…と思ったら、反対側のトレーディングカードショップの横にイベントスペースが。
これ、入ってみると分かるんですけど、めちゃくちゃ狭いです(笑)
しかも上が吹き抜けているうえに、防音とかももちろんないので、声が隣に駄々漏れ。
ちょっとびっくりしました。

◆入場開始
定刻通りに整列し、整理番号順に入場。
の前に、店員さんから「風邪対策なので、ご協力お願いします」ということで、殺菌ジェル!
手をキレイキレイしてから、ミンゴスに会う準備。

中では一番前の5人だけが椅子に座り、その後ろは皆立ち見。
私は5列目の一番右端で、視界は概ね良好な感じでした。
参加人数は約50名。意外と当選枠は小さかったみたいですね。

◆イベント開始 宣伝3号さん CNアユミチャン
濱田P 
まず登場したのは5pb.広報の藤本さん、CNアユミチャン、濱田P。
お三方とも、マスク着用です。

「既に事情をご存知の方もいらっしゃると思いますが、ご存知じゃない方はいらっしゃいますか?」
→ちらほら挙手する方が。

ここで、藤本さんから
「今井さんが風邪で喉を痛めているため、これ以上声を出すと仕事にも支障が出てしまう」
「なので、?声を出せないイベント?で進行させてもらっています」
といった旨の説明がありました。

そんなわけで、今回は苦肉の策としてイベント内容も「お渡し会」から「ハイタッチ会」に変更。
本来ならイベントの開催自体、中止になってもおかしくないので、こういった配慮は本当にありがたいですよね。

前日の大阪のイベントでは、濱田Pとファン代表でPSを歌ったりするフリーダムな内容にミンゴスが笑いすぎてしまい、それがまた喉に悪影響を及ぼしたということで、今回は最後の最後まで出てこない体でイベントが進行。

しゃちほこ 
始めに、ミンゴスがスケブに書いたメッセージを見ていく作業からスタート。
「やっほーだがやー」や「しゃちほこ」の絵など、名古屋を意識したものが多々。
ただ、しゃちほこの絵がどう見てもしゃちほこには…濱田Pは最初飛行機かと思ったって言ってましたねw
私には活きのいいおたまじゃくしにしか見えませんでした(汗

続いて、スタッフ3人による座談会。
まずは各々の自己紹介から。

◆自己紹介 1人目は5pb.広報の藤本さん。
宣伝3号といえば分かる方も多いかと思います。
Twitterでフォローすると、5pb.回りの情報がかなり拾えるのでオススメします。
ツイキャスでイベントの中継してくれたりもするので、行けなかったときは大助かりです。

2人目は音楽プロデューサーの濱田智之さん。
藤本さん曰く、「目立ちたがりだからライブでもギター弾いたりしてます」。
知らない人いますか?の問いに、挙手したのは3人ほど。

3人目はCN(コードネーム)アユミチャン。
ミンゴスのアシスタント・サポートを担当しています。
SSGではコーナーなんかも持ってますから、ほとんどの方がご存知でしょう。
知らない人いますか?の問いに、挙手したのは5人ほど。
濱田Pと知名度はほぼ一緒でしたw

と、ここでいきなり参加者全員にマスクが配られました。
「せっかく来てもらったのに、もらい風邪をしてしまったらミンゴスが凹んでしまう」というわけで皆でマスク!

「中にはミンゴスから菌をもらいたいという人もいると思いますが…」
これには会場も爆笑www
まぁ、もらえるんだったらもらいたいよね。

◆濱田P、驚愕の事実 濱田Pは現在44歳。
このお仕事を始めてから二十数年、そしてアニプレと一緒に仕事をするようになってから1年半ほど。
ここで、驚きの事実が判明しました。

そのアニプレで一緒に仕事をしていた方が、なんと小学生の頃からの知り合いだった! それぞれの親御さんが同じ職場で、家族ぐるみでの付き合いも昔あったらしい。
大人になると顔や雰囲気も変わりやすいから、全然気づかなかった、と驚いてましたねー。

あ、ちなみにそのアニプレのスタッフさんは男性。
これが女性だったら、間違いなく・・・リアルではそう簡単にそんな素敵なエンカウントは発生しないかぁ。

◆質問タイム 「3人から見て、ファンの知らないミンゴスの可愛いところってどこですか?」
藤本さん→「隠し事をごまかすところ」
濱田P→「忘れ物をしたときの反応」
アユミチャン→「甘え上手なところ」

結論 : ミ ン ゴ ス は 可 愛 い

◆ハイタッチ会 スタッフによる座談会で盛り上がっていたところで、ミンゴスがついに登場!
マスク装備!マフラー装備!完全に対風邪用のフォームでした。

風邪ひいちゃって本当にごめんなさいとペコリ。
「あっち側でイベントやってるアイドルたちに負けない!」と張りきるミンゴスが可愛い。

OS☆U 
イベントをやっていたアイドルというのは「OS☆U」という名古屋大須のアイドルグループ。
結構賑わってたので、現地ではそれなりに人気なのかな。

「あっちは本物で、こっちは偽物のアイドルです」
「なので、優しくハイタッチしてください。病弱?ん?…貧弱ですので(笑)」
藤本さん「思いきりやると今井さんの肩が抜けます」

そんなこんなで、ハイタッチ会がスタート。
5人1組でミンゴスとハイタッチ、終わったら退場、出口でアユミチャンからポスカを受け取る。
これが一連の流れ。

あっという間に私の出番になり、心の準備を整え、ミンゴスとハイタッチ!
目をしっかり見て、ミンゴスと手を合わせると、何とも温かくて柔らかい感触が…幸福の刹那。

私の組が終わったところで、「今回ハイタッチしてきた中で、一番シュールだったかも(笑)」とミンゴス
ハイタッチがあまりにもソフトだったらしく、何だか手合せ会みたいになってたみたいw
これには藤本さんも「そんなに簡単に肩抜けないから、もう少し力入れても大丈夫だよw」と一言。
ふふ、優しすぎてダメなんてことはないのさ(キリッ

ミンゴスポスカ
最後にアユミチャンからポスカを受け取って退場。
新年明けて一つ目のイベントでしたが、楽しい内容でした。

ミンゴスも今は大事をとって声をなるべく出さない、ということでしたので、このまま安静にしていただければお仕事にもちゃんと復帰できるでしょう。 てか、あの時点で結構元気そうでしたし。
とにかく一日でも早く風邪が治りますように、そんな想いも込めてのハイタッチ会でした。
月末のリスアニライブに出演されるので、武道館では元気なミンゴスを見れるといいなーと思います。

以上、「Precious Sounds」発売記念イベント in 名古屋のレポでした。 ミンゴスの手、柔らかかったなぁ・・・・・

広告を非表示にする