読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUS?-」2日目公演 参加レポPART2

水樹奈々 ライブ参加レポート

PART1の続きです。

06.Lovely Fruit

07.星屑シンフォニー

ラブフル
ラブフルはイントロが長めになり、よりオシャレな感じに。
その間に、奈々さんが一度下がって衣装をチェンジ。
スカートが脚の出たものになり、右腕も解放されて身軽な感じになりました。

「いただきます Lovely Fruit!」の部分はコール。
ステージの両脇に登場したミニステージで可愛らしく歌い上げてくれました。

続けて披露されたのは星屑シンフォニー。
こちらも「ROCKBOUND NEIGHBORS」収録曲で、ライブ初披露。
ステージの星空を想像させる演出がステキでしたね。

歌い終えた後、奈々さんは裏へ。
そしてフルオーケストラの演奏タイムになるわけなんですが…なんと入りがスターウォーズ
その後も耳にしたことのある曲ばかりで、普通に聴き入ってしまいました。
こういう機会ってなかなかないですもんねー。何だか新鮮でした。 

GRACE 踊る グリークラブ 小野D無双でした…
さて、ここで始まったのがこの「GRACE 踊る グリークラブ」という動画。
このロゴ、どう見てもgleeじゃないですかw
多分画像はこんな感じだったと思います(上の画像参照)

まず画面に映し出されたのは帝王、森川智之さん!
出た瞬間、「!?」でしたwww
教室のようなところで、森川さんがプロムについて説明。

内容としては、クラブに所属するメンバーでプロムに出よう!ってお話。
プロムキングとプロムクイーンを決めるわけですが、なかなかいい案が浮かばず。
ある男性が「じゃあ、クラブのなかで組めばいいじゃん!」と一言。
それに対して、「でも、プロムはやっぱり恋人同士じゃないと…」と女性が反論。
そこで、おさげに眼鏡をかけた奈々さんが「私、プロムクイーンをやりたいです!」と立候補するわけですね。
しかし周りからは、「私たちには無理だよ…」と水を注される。

そんなところで、森川先生が言うんです。
「いや、夢は叶う。恋の呪文を唱えれば…」 奈々さん「恋の…呪文…?」
森川さんがある言葉をホワイトボードに書くと、そこには…

「CHU-LU PA-YA」


♪テッテー \ちゅーるっちゅーるちゅるぱーやっぱー/


恋の呪文…そう、それはちゅるぱや!!!
この単語がスクリーンに映し出されると同時に、会場は大歓声w

そして奈々さんを筆頭に、ちゅるぱやダンスを披露。
ストーリー仕立てになっていて、イケてない女の子がプロムクイーンを目指してキレイになっていく、 所謂シンデレラストーリーって感じですかね。
序盤では、おさげに眼鏡姿の奈々さんも、中盤以降はドレスアップしてお姫さまに変身。

他のクラブメンバーと共に男女4人ずつで組みあい、華麗にダンス。
男性はタキシード姿、女性はドレス姿で。 

小野大輔さん・・・と近藤孝行さん
ここで面白かったのが、小野Dこと小野大輔さんの登場。
皆と一緒にではなく、一人だけのシーンのみでしたが、美味しいとこを全部持っていってましたねw
あれは見てて笑いが止まらなかったというか、豪華な面々の登場に思わず興奮w
あと、森川さんがダンスしてる姿も面白かったなぁw

ちなみに、他のメンバーも皆さんgleeで奈々さんと共演している声優さんたち。
石井真さん、林真里花さん、林りんこさん、青木強さん、山根舞さん、樋口智透さん、落合佑介さん、小野大輔さん、森川智之さん)
他のキャストさんたちは、声聞いてすぐに「あっ!この声…」ってな感じで気づきましたよ。
全く知らなくても、あの演技を見て吹き替え担当の声優さんだとすぐに分かった人も多いのでは。
中の人出演によるスペシャルな映像で、大いに盛り上がる会場。 

08.アヴァロンの王冠

お奈々キャップ-GRACE Form-
白いタキシード風の衣装に身を包んだ奈々さんが再びステージへ。
そのままステージ中央から馬車に乗り、アリーナを移動しながら曲を披露。
ご存知の方も多いと思いますが、この馬の名前は・・・ん?ニイハマテイオー?チガウヨ(今治みかんさん風に

そうです!
LIVE ACADEMYで登場したユニコーン、お奈々キャップですね。
GRACE Formに進化して、久しぶりにその美しい毛並を見せてくれました(笑)

アヴァロンは、オケで原曲を忠実に再現。
イントロの畳み掛けような演奏にはゾクゾクしましたね。

<MC> 「馬車に乗っちゃいました!」
「この子、見覚えありませんか…?」
「あ、ちらほら聞こえる」
「オナナキャップでーす!」

「眠りから目を覚ましまして…三鷹の方に眠っていたんです(笑)」
「新たな形態になって蘇りましたーっ!」
「オナナキャップ GRACE Formです!」

「さて、ここで一旦降車しまして…さぁせり上がってまいりました」
「水樹のライブに欠かせない大事な仲間たちを呼び込みたいと思います!」

ここでチェリーボーイズのメンバーを順番に呼び込み。
トム君→チョーさん→しゅーちゃん→りゅーたん→門D→アニキ

りゅーたんはステージにあがる際、ちゅるぱやダンスをチラっとやってくれました。
さすが、MCもダンスもこなすこの人は違うw
前日の影響なのか、一番最後にはアニキコールも。 (初日はイスに座ったまま回ってくれました)

「どの曲をやろうかなぁと思ったときに、この曲が アコースティックになったらどんな風になるのかなって」
WILD EYESのカップリング曲です、聴いてください、好き!」 

09.好き!

「ということで『好き!』、聴いていただきました」

「チェリボに途中からアコースティックで登場してもらう っていうのもなかなかない機会ですよね…」
「今年になって初のステージなので、ここで目標を聞いていきたいと思います」
「誰にしようかな・・・じゃあ、チョーさん!」

〜チョーさん〜 「2013年は些細なことなんですけど…」
スカイツリーできましたよね?だからスカイツリーに登ってみたいです」
水樹「それ些細すぎませんか?(笑)夢はもっと大きくですよ!」
「じゃあ東京タワーも!w」

水樹「2年前のGRACEのときに生まれたマリナちゃんが今日誕生日なんですよね!」
「今日も多分あの辺りにいると思うんですけど…」
QVC千葉で青のサイリウムを振るのを覚えたので、今日はUOを…!w」
水樹「さすが、英才教育です(笑)」

〜トム君〜
「そうですねぇ、富士山は無理だと思ったんで、練習を兼ねて高尾山に」
水樹「最近は散歩が日課になってるんですよね?」
「それは僕じゃないと思います」
水樹「あ、3日でやめたんでしたっけ…(笑)」
「ちょっと右の股関節が・・・だから違うやつに」
水樹「体動かさないとですもんね!」
「そうですね…」
水樹「チョーさんとトム君はあまり前に来ることがないから、
DISCOTHEQUEで前に来てほしいですね〜(笑)」

〜しゅーちゃん〜 水樹「昨日今日と息子さんがセンター試験だと聞きましたが…」
「帰ったら寝てて、起きたら家を出てましたw」

「『今度奈々ちゃんのライブに出るんだけど来る・・・わけないよね…』」
「まぁ終わったら来たいって行ってたんですけどねぇ…結果次第ですかねw」

水樹「センター試験終わってから来たよって人いる〜?」
→ちらほら手を挙げる人が
水樹「すごーい!!勇者!!!もう、合格だよ!」

「夏に50歳になるんです」
「なので、アニキを見習ってダンディな人を目指そうかなと」

「それこそ、さっき言ってた散歩をするのって僕なんですよ」
「毎日6kmくらい…昨日も帰ってからやりました」
水樹「えっ、昨日も!?」
「昨日は4kmくらいですけどねw」

水樹「いやぁ、水樹も負けてられません!」
水樹「水樹の今年の目標は・・・何か楽器に挑戦したいですねぇ」

10.deep sea

「今回アヴァロンの王冠にちなんだ、何て言うんだろう…ダンディ?(笑)」
「タキシード風の衣装をつくっていただきました」

→\まーわって!まーわって!/

「分かりました、スペシャルなステージですからね(笑)」
(優雅に一回転) 

→\もう一回!もう一回!/

「そしたら…やっぱりパパが回っちゃうんじゃないかなぁ〜」
「マリナちゃん、見ててねーっ!」
(チョーさんと一緒に一回転)

「2回りしたところで、次の曲にいきたいと思います」
「『ROCKBOUND NEIGHBORS』からこの曲 」

11.ダーリンプラスティック

「好き!」、「deep sea」、「ダーリンプラスティック」の3曲はアコースティックアレンジ。
前日ではベビドル、ふたメモ、ダリプラでした。
最初の2曲はどちらとも披露されるのは久しぶりの曲でしたので、アコステver.で聴けて何より。

ただ、一つ心配だったのが、ダリプラ。
実は初日公演で、やり直してもいいんじゃないかっていうレベルで演奏と歌がズレてたんですよ。
この曲は元々が難しいし、初披露をアコースティックで、っていうのはハードルが高いもの。
それをあの状態から一気にサビで合わせてきた辺り、さすがだなぁってすごく感心したんですけどね。
2日目もズレないか内心ヒヤヒヤしてたけど、しっかり歌い上げてくれて一安心。


ということで、次へ続く。

広告を非表示にする