「THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!」 参加レポ【後編】

後編です。

16.edeN(長谷川・浅倉・原) 劇場版制作発表で沸き立つ会場の熱気をより一層盛り立ててくれたのは「edeN」。
なんと!ここでストリングス(弦楽四重奏)が加入。
これはびっくりでした…うん、パンフ見なくて正解だった。
SF曲で一番好きな曲でしたが、M@STER VERSIONで聴けたうえに、初で生バン&ストリング 有だったのが嬉しすぎてもう。
宏美さん抜きであの出来だったから、4人揃って披露した暁にはあまりのかっこよさに失神してしまうじゃないかな。
プレイリスト作りたいので、早くフル音源化を…!

17.Little Match Girl(中村・浅倉)

続けて、LMGを7thでもコンビを組んだえりりん×あずみんで披露。
あのときはメドレーだったからショートverだったけど、今回はばっちしフル。
う〜ん、やっぱこの2人は歌声の相性が良いですね。
でもって、あの物憂げな表情…あれでより曲の世界観・深みが増すというか。
えりりんも、あずみんも、歌ってるときの顔つきに凄まじい魔力を感じます。
一番最後を歌い上げた後、あずみんが一瞬微笑んだように見えるんですが、大達人的にはあのシーンが今も忘れられません。

18.DREAM(長谷川)
アッキー担当のソロ曲は「DREAM」。「おぉ!そうきたかー」と内心驚きました。
今回はnotへそ出し衣装だったから、その分『美希らしさ』っていう面でどの表現に重心を置くのか、振り分けるのかが個人的な見所だったんです。
で、この冬フェスでは「ダンス」「表情」の2点でハイスコアを叩き出していたなぁと。
ダンスでいえば、「DREAM」では手を上に伸ばして掴み取ろうとするような振付。
表情は「目が逢う瞬間」もそうだし、この曲での表情も非常に興味深かったですね。 

19.LOST(原) 最初に言っておく!最高でした、ほんと素晴らしかった!
「LOST」…貴音が歌うと、また違った印象になるんだよなぁ。
大げさに言えば、楽曲すら別だと感じちゃうくらい。
貴音の心の叫び、みたいなものがずっしりと心にのしかかってきて。
はらみーが「四条貴音」を具現化させた、そんな約6分間。

20.フタリの記憶(下田・沼倉) 不参加メンバーの楽曲第4弾。
伊織曲が選ばれましたが、これまた意外。
選曲もそうだし、歌うのがあさぽんとぬーってのがね。
「ラ?ブ?リ」後のMCでえりりんが「紫色のペンライトを振ってくれている人がいて嬉しい」と話していましたが、この曲でもピンクの光がちらほら見えて、ほっこりしました。

とりあえず、例によってぬーは完全に歌いこなしちゃうので、「すごい」としか言いようがない。
あさぽんは黎明並に苦労したんじゃないかなぁって思いました。
かっこよくとか可愛くとかもあるんだけど、とにかくステージを面白おかしく賑やかして、元気いっぱい駆け回るのがデフォルトの亜美真美ですから。
それに応じて、あさぽんもパフォーマンスに色々と独特な味付けをしてますが、ここでは素直な味付け。
たまにはああいうのも良いよね。

21.First Step(浅倉)
あずみんの合図でピアノの伴奏が始まる。
そう、ここで「First Step」です。
5thライブで新しく仲間に加わり、そこから強いプレッシャーの中で闘い続けてきた彼女。

『最初の一歩 進むのは あなたがいてくれた……今』
『きっと 強くなれたよ ひとりの道でも もう怖くないから どれだけ どれだけ? 言葉じゃ足りないけど』
『ちょっとだけ不器用 誰よりあたたかくて あなたに あなたに 全てを ありがとう』

萩原雪歩としての一歩。
そして、浅倉杏美としての一歩。

歌うのが苦手で、カラオケで歌うのすら好まなかった。
そんな彼女がこの「First Step」という曲を通して、一生懸命想いを伝えようとしている。
夜公演ではノイズが入るアクシデントもあったけど、それにうろたえることなく、堂々と歌い上げるあずみん

2年半前からここまで頑張ってきた道のり、その姿を見守ってきた人にとっては感慨深いものがあったでしょう。
メロディに乗せた純粋なメッセージ、言葉の一つ一つが心の内側にまで沁み、思わず熱くなる目頭。
夜公演、最後の最後で感極まって涙するあずみんを見た際、目から流れる熱い何かを止めることができませんでした。

『あなたに あなたに 全てを ありがとう』

こちらこそ、本当にありがとう。

22.幸(滝田) 今回のライブのセットリストで、一番感動した曲の流れ。
「First Step」の次で歌われるのは、この曲がばっちりぴったり。
しかし、拍手であずみんを称えた直後ですから、涙も鼻水も酷い(笑)
・・・何だか、そう考えると、泣いた子をあやすような曲にも聞こえます。
じゅりきちがママだから、って考えると変に納得しちゃうなぁ。
強いけど優しく包み込んでくれる歌声…って、いかんいかん、また目頭が。

『命は永遠じゃない』
『一度の瞬間を大切にしよう』
当たり前のことかもしれないけど、すごく深いテーマ。
あのとき楽しんでいたあのステージだって、二度と体感することはできない。同じ一瞬は過ごせない。
だからその時々で感じる全てを楽しもう、大切にしよう。
命は永遠じゃないけど、命さえあれば、その大切にしてきた一瞬は人生が終わるまで自分の中へ刻まれたまま。
自分の命が終わるまで、想い出やメッセージという名の命は生き続けてくれますからね。

受け取る側での考え方一つで、様々な解釈ができる楽曲だなと改めて感じました。

23.MUSIC♪(全員) 一旦暗転し、ガールズが集合したあと、アンコール前ラストの曲を披露。
SF主題歌ですが、こちらも初のM@STER VERSION解禁。
今回のライブのテーマとなっている「MUSIC  FESTIVAL」=音楽のお祭り。
そのテーマにぴったりの楽曲ですね、ライブ会場で聴くと余計に。

<アンコール> 24.READY!!(全員)
25.MUSIC♪(全員)

アンコール、まずは鉄板のREADY!!で再び会場を燃え上がらせます。
24曲目(48曲目)だというのに・・・俺らはまだ元気です。まだまだいけます。

で、大トリは無印かと思いきや、まさかの「MUSIC♪」。
2回目の「MUSIC♪」では、スクリーンに歌詞が表示され、上からは大量のバルーンが。
皆で一緒に歌を歌いながらも、その一方ではバルーンを跳ね飛ばしたり。
最初は「あれ?またやるの?」と思いましたけど、1回目とは全く曲の楽しみ方が違う。

音楽のお祭り。その締めの楽曲として、音を楽しむということの意味を知った気がします。
ちなみに昼公演はずっと歌を歌い、夜公演では半分歌いながら半分はバルーンを飛ばしましたw
いやはや、どちらもめちゃくちゃ楽しかったですねぇー。
会場内が楽しい音に包まれるこの一体感は、他の何にも代えがたいほど素晴らしかったです。
そうそう、バルーンにはガールズのサインの書いてあるものもありましたね。
私の手元には来なかったけど、響カラーのバルーンを持って帰りましたー。(空気抜いて保存中)

ってなところで、アイマス冬フェスは終演となりました。
終演の挨拶で、赤羽根Pもかなり感極まってる様子だったのが印象的でしたね。
同僚として、その感情に激しく同意。

◆全体的な感想 まず、生バン!弦楽四重奏アイマスライブではなかなか経験できないことをさせていただきました。
音を楽しむという観点では、最高の環境だったと思います。

加えて、不参加のメンバーの楽曲を歌ってくれたのも歓喜歓喜の大歓喜。
あれに関しては溝を埋めるとか、そういうレベルじゃなかったです。
新たな魅力に気づかさせる一面もありましたし、改めて繋がりの強さを認識した一瞬でもありました。
「ラ?ブ?リ」が反則すぎる…すぎるんだ…(まだ言ってる)

セットリスト的には、7thで聴けなかったから聴きたかった曲、今回もまた聴きたいと思っていた曲が良い感じに組み込まれていてとにかく幸せでした。
アニマスから入った新米ですから、初期の頃の楽曲を聴けるととっても嬉しいんですよ。
かっこいいブロック、可愛いブロック、聴き入るブロック。
とくに、最後の物語のような美しい曲の流れにはまた一つ感動させられました。

そんな私からすれば、今回は至れり尽くせり。
最高に素晴らしいライブを、ありがたいことに2公演分も楽しませていただきました。
体が嬉しい悲鳴をあげてますからね、本当にライブの美味しさを食べ尽くしたのかなぁと。

アイマスライブは日々進化し続けています。
7th以前は映像でしか見たことがありませんが、今回の冬フェスはあの7thにも負けず劣らずの内容。
7thが「衝撃・感動」だとしたら、冬フェスは「爪痕・再認識」

自分が「アイドルマスター」という作品にしっかり触れるようになってから、約2年ほど。
少しはこの作品の魅力を理解できたのかなー。でもそれはまだ10%にも満たないとも思われます。
全ての魅力を知ることはないのかもしれないですね。
だって、ずーっと進化し続けているから。だから、応援し続けたいんです、追いかけ続けたいんです。
アイマスを通して何か素敵なものをもらう度に、今度は自分も返そうって。
それは大きな感謝の気持ちであって、応援という名の「ありがとう」なんです。
これからも過去を遡ってアイマスの歴史を楽しみつつ、今後の展開に期待したいと思います。

さて、最後は安定のポエミーな文章でしたが(笑)
ここで今回のアイマス冬フェスのレポ的な感想を終わりー。
少し日にちが経ってしまいましたが、読んで下さった方はありがとうございました。

アイマスガールズ、スタッフの皆さん、そして会場・ライブビューイングで参加されたプロデューサー・プロデュンヌの皆々様、お疲れ様でした&素敵なライブをありがとうございました。
では、最後はこの言葉で。

アイマス最高!!

広告を非表示にする