読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ファミ通キャラクターズDX 〜ゲーマーだよ全員集合〜」夕方の部 参加レポ PART1

ファミ通キャラクターズDX 
さて、今日は「ファミ通キャラクターズDX」のイベントに参加してきました。
会場は大井町にある、きゅりあんというところ。
こちらの大ホールにて、このイベントが開催されたわけなんですが・・・圧倒的女性率。

今回のゲスト 
そりゃそうだ。
今回のゲストさんは、神谷浩史さん、KENNさん、近藤隆さん、間島淳司さん、吉野裕行さん。
前回行われたガールズスペシャルとは打って変わって、ゲストは5人とも男性声優の方々なんです。

そんなわけで、会場内の9割以上が女性。
ほんと、何か別のイベントの会場に来てしまったんじゃないかと錯覚するレベルでしたw
あ、ちらほらでしたが、男性の方もいらっしゃいましたね、本当にちらほらでしたが。
比率で言うと、男性ファンの多いライブ会場にいる女性ファンの数よりも低いくらい。

と、異様な場違い感を覚えつつも、自分の座席へ。
C列の30番台後半でしたので、視界良好、おまけにステージまで近い!

そんな感じで、座席にテンションをあげながら開演待機。
定刻を2分過ぎたところで幕が開き、この番組のパーソナリティーでもある、鈴村健一さんと下田麻美さんが登場!
鈴村さんが開演の挨拶で早速会場を和ませ、その後にゲストさんたちが続いてステージ上へ。

神谷さん、KENNさん、近藤さん、間島さん、吉野さんの順。
いやぁ、相変わらず黄色い声援がすごいですね。
観客が男ばっかりだと、暑苦しい歓声しかあがらないから新鮮ですw

ここでゲストを交えて、挨拶とゲームへの意気込みなど。

パンチアウトのパーカー 
ヒロCは気合を入れた格好をしてきた、ということで、上はパンチアウトのパーカー、下は黒のサルエル。
パーカーは、先日のDGSイベでゆうきゃんがサプライズで登場した際、あとで渡すと言っていたヒロCへの誕プレです。
おそらく版権の問題でイベント内で渡せなかったんでしょうね。
まぁ、私は大人のビデオでも渡したんじゃないのかと思ってましたがw

それに反応したよっちんが、「俺はアバクロン&フィッチ!」「まぁ、俺がパンチアウトだけど」などと言うものの、鈴健に「あんまり上手いこと言えてないからw」とボロクソに言われ、のっけから残念な感じw
最終的には、なぜかカバディを始める鈴健、けんぬ、よっちん、それを静かに見守るマジ兄と近ちゃん、そしてずっとその場でファイティングポーズを取り続けるヒロCという何ともおバカな構図に。

いいから早くゲームをやれよwwwwww
ちなみに、マジ兄の眼鏡が昼の部と夕方の部で違った模様。(夕方は赤い眼鏡)

というわけで、そんなおバカなメンバー(褒め言葉)で、ゲームバトル!
まず、最初にプレイしたゲームはこちら。

チューチューロケット 

チューチューロケット!」
こちらは事前に発表されていたゲームソフトになりますね。ドリキャスです。
私は初めてこのタイトル名を聞いたんですが、どうやらかなりの名作だと言われているみたい。

と、ここで一緒にペアを組む助っ人をくじで引く抽選タイム!
そう、このイベントでは、客席からパートナーとなる助っ人を抽選で選出するんです。入場する際に応募用紙が配られるので、そこに自分の座席番号を書いてからボックスへ。
当たれば声優さんたちと一緒にゲームできちゃうわけですからね…ありがたい企画ですよ。
かくいう私は、チューチューロケットの方のボックスに紙を入れました。

神谷「マジーがチューチューしちゃうぞー」
間島「おーう、チューチューしちゃうぞー」

そんな感じで抽選がスタート。
結果を見てみると、全員女性の方でした。
うん、分かってたw

ここで抽選で選ばれた方のお名前を伺っていくんですが・・・
なつさん→あきさんと、季節の名前が続くだけで盛り上がる出演メンバーw

吉野「ほんと、バカばっかですみませんね」
間島「…それ以上は・・・(ry」

対戦表 
対戦表はこちら。
ゲスト陣でトーナメントをし、優勝したペアがDXチームと対決というわけです。
優勝したペアの助っ人には、出演者全員のサインが入ったTシャツがプレゼント!
これは助っ人さんも燃えざるを得ないでしょう。

チューロケ 
さて、このゲーム、ルールは簡単。
「一番多くネズミを獲得した人が勝ち」です。
今回はチーム戦なので、2人の獲得したネズミの合計ですね。
しかし、ねこが入ってしまうと、ポイントが減ってしまうので要注意。

上記の画像で説明すると、中央にある色のついたところにネズミが入るように、矢印パネルを設置。
ただし、1人が設置できるパネルは3枚まで。
4枚目を設置すると、1枚目に設置したパネルが消えてしまいます。
パズル的要素も高く、かなり頭を使うゲームなんですよね。

もう一つ補足させてもらうと、「?」のついたネズミがどこかに入ると、ルーレットタイムに。
このルーレットで、戦いが大きく左右されるんですよ。

・チューチューフィーバー→ネズミが大量に出てくる
・ねこフィーバー→ねこが大量に出てくる
・引っ越し→プレイヤーの陣地が全て入れ替わる
・チューチューひとりじめ→ネズミが1人のプレイヤーの陣地に吸い込まれる

などなど。
その場その場で上手く応対していかないとダメだし、ルーレット次第では勝負の行方は最後まで分からないです。

一戦目:近藤ペア VS KENNペア→近藤ペアWIN
プレイする前に、ペアに操作方法をレクチャー。
神谷「ちょっと今KENN君が口説いてるから待って」
KENN「(ペアの耳元で囁くような仕草)」→会場中から黄色い歓声

二戦目:神谷ペア VS 吉野ペア→神谷ペアWIN
吉野「彼は猫ひろしではありません」
神谷「ねこを飼ってる浩史ではあります」

準決勝:神谷ペア VS 間島ペア→神谷ペアWIN
間島「難しいからねっ(志村けんのモノマネ)」
決勝:近藤ペア VS 神谷ペア

近藤「(陣地の色が)青でございます」
まいさん「赤でございます」
神谷「俺はチューチューグリーン!(キリッ」
なつさん「私はチューチューイエロー!(キリッ」

さてさて、決勝は、神谷ペアと近藤ペアの勝負に。
チューロケ経験者で優勝候補のヒロCが優勢だと思われましたが、近ちゃんペアの大逆転勝利!

チューチューひとりじめで近藤ペアが神谷ペアを上回る

チューチューフィーバーで出てくるネズミを牛耳り、再び神谷ペアが優勢に

ねこフィーバーで大量にポイントを失う神谷ペア

そのままフィニッシュで近藤ペアWIN

ってな感じで、2分間でこれだけ試合がひっくり返ったりひっくり返されたりだったので、ほんと大盛り上がりでしたw
ねこフィーバーになった瞬間に焦りまくるプレイヤーたちが面白いw

鈴村「どうでした〜?」
なつさん「神谷さんが優しく教えてくれたので…」
鈴村「ね?いいやつでしょ?これからもよろしくお願いs…」
神谷「健一!それぐらいで!」

鈴村「まいさんはどうでした?」
まいさん「ネズミを入れることに必死で、ポイント見てる余裕がなかったです(笑)」
鈴村「ねぇ〜、まいだけに入れまい!ってね」
吉野「健一!それぐらいで!」
KENN「それ次は俺が言いたいー!」

最後は近藤ペアと、DXチームの対決。
DXチームからはあさぽんが代表者でプレイ。
結果は・・・DXペアの勝利!
ゲストチームにチームに対して一切手を抜かないその姿…まさに下衆の極m(ry

まぁ冗談はさておきw
一番最後の対決でしたから、そこまで他人のプレイを見てゲームのシステムを理解できる分、あさぽんペアはかなり有利だったかなーと思います。
ルーレットにも上手く対処してましたからね。

思ってた以上に長くなってしまったので、分割にします。
ということで、次へ続くー。

広告を非表示にする