読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「中村繪里子GO! GO! LIVE!ら?ら★ら♪なかむランド〜Love?Laugh★Live♪〜」参加レポ

Shibuya O-EAST 

中村繪里子GO! GO! LIVE!ら?ら★ら♪なかむランド〜Love?Laugh★Live♪〜」

の参加感想です。


<なかむランド2ndセットリスト>
01.
ココカラ

02.Physical!

MC

★コーヒーカップ★ 03.Luminous

04.Neutral

05.キミノツバサ

<アンケートコーナー>

★メリーゴーランド★ 06.2 of us

07.見えない星

[紙芝居]GO!GO!えりぽっくる 星たちのパレード>

08.eternal Sign

MC

★観覧車★ 09.

10.Jewelry Smile

<どっちの繪里子SHOW(植木従業員リーダー登場)>

★ゴーカート★ 11.Missing

<ぽっくるずバンドメンバー紹介>

12.now's the time

13.誰かのメロディ

MC

14.君に逢いたくて

〜アンコール〜

MC

EN01.てのひらのLOVE&PEACE

MC

EN02.Bye-bye Good-bye

パンフレット 

約半年ぶりの開園となった「ら?ら★ら♪なかむランド」。
今回は前回よりも大きな会場、Shibuya O-EASTでの開園をもって帰ってきました!
ということで、自分の誕生日をなかむランドでお祝いするべく、目一杯楽しんでまいりましたよー。

?なかむランド開園! まずは1stでも開幕曲だった「ココカラ」でなかむランド開園のお知らせ。
開園前のアナウンスといい、半年前と同じ流れで「なかむランドに来てる感」がすごくして良い。
秋葉原に行ったとき、ゲマの前を通り過ぎた辺りで聞こえてくるメイドの曲を耳にして「あぁ〜、秋葉原来たわぁ」ってなるアノ感じと同じです(笑)
今回のイメージカラーである空色に染まる会場がキレイ!

★空飛ぶコーヒーカップ MCを挟み、次のアトラクション「コーヒーカップ」へ。
「Luminous」「Neutral」「キミノツバサ」ということで、ゆっくりと回り出したカップが徐々にその速度を上げていって、最終的にはそのカップにツバサが生えて、空へと羽ばたいていきました。
ネズミの国にも置いてない、ハイパーアトラクション…さすがなかむランド。

♪園長自作のえりぽっくるメダル 入園時に配布されたアンケート用紙をランダムで読み上げ、その中で園長が良いと思った人には園長自作のえりぽっくるメダルをプレゼント〜っていうのは1stと同様ですね。
前回は1つ読み上げてからの話が長くなり、結果読む数が少なってしまったため、今回はどんどん読み進める仕様に。

が!メダルの数が5に対して、読めたアンケートの数は6つw
メダルをもらうことができなかった方に園長自ら土下座してその場は丸く収まりましたとさw
いやいや、どんどん読み進めると口では言ってたけど、普通にトーク長かったから!(笑)
だがそこがいい(キリッ
?メリーゴーランド やや飛ばし気味のコーヒーカップで楽しんだ後は、「メリーゴーランド」でゆったりまったり。

★紙芝居 「真面目な内容で、良いお話」を作りたかったそうですが、会場では所々笑いが起きてましたねw
裏で会場の反応を声だけで聞いていた園長は、「どこで笑ってるの!?」状態だったそうで。
気になる内容は、いつか発売されるBD/DVDで!
でも、シュールな要素がほんのりあっただけで、話は童話的で普通に良かったですよ。

♪観覧車 「eternal Sign」を挟み、続いて「観覧車」へ。
Jewelry Smile」はカップルで乗ってるとき、「花」は独りで考え事しながら乗ってるときってイメージかなぁー。
完全に個人的主観ですけどね。
とくに「花」の歌声…細くて折れそうなんだけど、優しくて温かい、この絶妙なバランスが好き。

?どっちの繪里子SHOW 従業員リーダーの植木さんがここでオサレなBGMに乗って登場。
会場が緑に染まり、植木コールが起こる現象は、某変態Pのアレを彷彿とさせるものがありましたw
てか完全に扱いが同じになってきてるじゃねーかw

2つの選択肢の内の1つを園長に実際にやってもらおうというこのコーナー。
デシベル君というアプリ(?)を使い、会場のなかむランダーの声を計測。
大きい方の選択肢を園長にガチでやってもらうわけです、が・・・

◆園長にしてほしいことはどっち?
A:モノマネ
B:ノリツッコミ

結果:どっちも
選択肢の意味ねぇええええええええええwwwwwwww

このデシベル君、MAXで120デシベルまでしか計れないという残念な仕様。
でも、120デシベルって、イコール飛行機のエンジンの近くと同じくらいの騒音レベルですからね。
どんだけ俺らの声はうるさいんだよとw

というわけで、まんまと罠にハメられた繪里子園長、罰ゲームモノマネにトライ。
おむつこと田村睦心さんのモノマネ。なお、結果は(以下略)
ノリツッコミは上手いこと植木さんにやらせ、さらにスベらせて終わり(笑)
どうやら、大やけどはせずに済んだ模様。

◆聞きたいのはどっち? A:すべらない話
B:面白い話

選択肢の意味ねぇええええええええええwwwwwwww

どっちもほぼ同義語じゃないですかーやだー!
声だと簡単に120デシベルを計測してしまうため、ここから拍手で計測することに。
結果、すべらない話に決定。

すべらない話の内容は、先日のマチアソビで一日駅長をしたときのお話。


中村「何か駅長らしいことをしたいです」

駅長「とくに何もしてませんよ」

中村「じゃあ、何かハプニング…小さなハプニングが起きたときに対処させてください」

その後、トイレへ

トイレの便座内にパンが詰まっている

清掃員にパンが詰まっていることを慌てて報告する

危うく犯人にさせられるところだった

って内容。
す、すべらんなぁ…(棒)

まだまだお題は用意されていたようですが、時間が押していたこともあり、ここで終了。
植木リーダーは大歓声の中、「あばよ!」の一言と共に去っていきました。

★ゴーカート 最後のアトラクションは「ゴーカート」。
ここでバックバンド「ぽっくるず」の超ハイテンションなバンドメンバー紹介も。
ドラムスのしん君、ベースのしんちゃん、ギターのたくま君、そして今回からキーボードのクラーキーも新たに仲間に加わり、パフォーマンス面で前回よりも幅広く活躍してくれました!
大いに盛り上がったバンメン紹介の流れのままに、「now's the time」「誰かのメロディ」を披露。

そうそう、花柄のワンピース→露出多めのお衣裳になったときの歓声(歓喜の悲鳴?)がすごかったなぁー。
いやぁ、でもあの衣裳は本当にすごかったし、本当に素晴らしかった・・・(主に太ももとお尻が)
2階中段からでしたが、サイコーに眼福。

アンコール前ラストのMCでは、少し言葉を詰まらせる場面も。
ここのMCはすごく良いシーンでしたね。

♪アンコール コールパートの楽しげな「てのひらのLOVE&PEACE」
そして最後は「Bye-bye Good-bye」で〆。
サヨナラではなく、また会いましょうの意味を込めてのバイバイ。

◆なかむランド2nd閉園、そして・・・ というわけで、約3時間の公演でしたが、前回に負けず劣らずの盛りだくさんなライブでした。
今回はアンコールと合わせて全16曲と、リリースされた2枚のCDをアトラクション毎に全て歌いきってくれました。
カバーに頼らなかったのは偉い。

トークパートが長すぎて「1stトーク&ライブ」と言われてしまっていた前回と比較して、今回はその反省を生かして(?)トークパートもやや尺を考えて話すようにしてました(笑)

赤羽根Pや小山剛志さんも来園していたみたいですね。
お二人がおっしゃっているように、えりりんの放つパワーっていうのは本当に強い。
そしてそのパワーが、しっかりとなかむランダーの皆の元へと届き、笑顔の輪が広がっていくんですよねぇ。
来た人皆が胸に「温かい何か」をもらって帰ることができる、それが「なかむランド」なんじゃないかなーって。

そんな素敵な「なかむランド2ndライブ」。
閉園のアナウンス後に重大発表がありまして・・・なんと!
11月17日に3度目のなかむランド開園が決定ーッ!!

まさか閉園直後に次回の開催告知を聞けるとは思ってなかったので、これは最高に嬉しいお知らせでした!
ありがとうSSC!ありがとう植木リーダー!
閉園後はシーサイドコールと植木コール、ぽっくるずコールで会場がまた盛り上がりましたとさ。

以上、なかむランド2ndライブの簡易感想でした。
これからもSSCが倒産しないよう、買い支えていきたいと思いますw
では、今日はこの辺で。

おやすみんちょす。

広告を非表示にする