読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Milky Holmes Live Tour 2013 〜おいでスペクタクル!〜」東京公演 参加感想

イベント感想

おいでスペクタクル 

開催日:6月29日(土)/18:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールA
出演:ミルキィホームズ三森すずこ徳井青空、佐々木未来、橘田いずみ

参加感想です。

◆前説


まず、前説としてミルキィホームズ フェザーズの寺川愛美さんと伊藤彩沙さんが登場。
諸注意後、7月から始まるアニメ「ふたりはミルキィホームズ」のEDテーマ「セイシュンビギナー!」のショートver.を披露してくださいました。 2階席からだったため、遠かったのが残念!
衣装も振付も可愛かったですね。

ミルキィホームズランド開園


01.パーティーパーティー!

02.ユメユメエキスプレス

03.恋の調査報告書
今回はミルキィホームズランドのアトラクションを4人が遊んで回るという内容。
そんなわけで、「パーティーパーティ!」で賑々しい幕開け。
「ユメユメエキスプレス」での汽車ぽっぽ的な振付が萌えます。

<MC> 「ついにライブツアーファイナルでーす!」
「ほんとあっという間」
「最後だから盛り上がっていってよねーっ!!」

〜お化け屋敷〜

04.いつだってサポーター!

05.泣き虫TREASURES

まず最初に来たのはお化け屋敷。
初めて人を驚かせたお化けをお祝いするため、4人が踊ってお祝い。
「泣き虫TREASURES」ではお化け衣装のちびっこダンサーズも一緒にダンス。

お祝いをしてお礼にもらったチケットを手に、次のアトラクションへ。
・・・が、途中ではぐれてしまい、みもいずペアとそらみこペアで別行動をすることに。

〜火山・恐竜〜

06.それはTOYS

07.ぎみぃみるきぃ

続いて向かうのは宇宙の世界。
ところが、別の扉を開けてしまい、西部劇の世界へ迷い込んでしまう4人。
そして、ここで敵サイドのパートへ。
大阪公演・愛知公演ではご当地ヒーローが出たこのパート、東京公演ではもちろんファイヤーレオン。
悪の組織ジャードの幹部クレイガー・シンと戦闘員ルードマンが登場。

ミルキィホームズの黄色・・・そらまるだったか?」
「モニカ(※)にそっくりじゃないか?よし、あとで聞いてみよう」
(※ファイヤーレオンでそらまるの演じるジャードのメンバー)

〜西部劇〜

08.こちらミルキィホームズ!

ここで登場したのが新日本プロレス所属の後藤洋央紀選手。
「今日もステキな衣装だね!」
「この世界は・・・・・すみません、緊張してます」

やや緊張気味に話す後藤選手に対し、4人は「可愛い〜」と一言。ギャップ萌えw
後藤選手に頼まれ、ジャードのアジトを探すのに協力することを決めたミルキィホームズ

09.ムーンライト探偵S&N

10.ヴィーナス戦線異常なし

前者はみもそらペア、後者がみこいずペア。
とくに後者の「ヴィーナス戦線異常なし」は、お互いの顔?背中?に手を回す振付があり、そこで大盛り上がり(笑)
遠目からでもキマシタワー。

再びジャードサイド。
後藤選手を捕え、洗脳することに成功したクレイガー・シン。

「よし、じゃあルードマンにお前の得意な水平チョップをやってみろ!」 →ルードマン 撃☆沈

直撃した際の音がマジでしたw

ここで、4人をおびき寄せるために

\助けてミルキィホームズー!/
すると、クレイガー・シンの思惑通り、ステージにミルキィホームズが。

「そらまる、お前モニカだろ〜?」

「えぇ〜、それは分からないなぁ〜」
「みもりん、お前ひいなちゃんのお姉ちゃんだろ〜?」

「そんな!ひいなちゃんとか知らない!」
質問攻めをした後、洗脳されてしまうミルキィホームズ
「左向いて、右向いて」的なアレをさせられたとき、「左上げないで右上げない」で普通に動いちゃってるそらまるが可愛かった(笑)
次に、ルードマンのとったセクシーポーズを真似させられる4人。
ブリッジのポーズをやる直前に、4人と後藤選手の洗脳が解け、ファイヤーレオンを呼び込み。

ファイヤーレオン

11.ドリーム脳内T.K.O.!!!!

12.勝利ノキズナ
「ドリーム脳内T.K.O.!!!!」でファイヤーレオンがクレイガー・シンとルードマンを撃退。
「勝利ノキズナ」のラスサビでは3人+後藤選手も加わりダンス。
何かシュールな光景でした。

次に訪れたのが海中の世界。
ここ、泳ぐマネをしながらステージに戻ってきた4人が可愛かったなぁ〜。
海底に住むヤドカリが、本物のミルキィホームズか確かめるため、それぞれに質問する流れに。

みもりん:よく飲む飲み物は? 「前はレッドブルだったけど、最近は朝必ず飲むモノがあって・・・」
グリーンスムージーです。バナナ、キウイ、りんご、ほうれん草、チンゲン菜を混ぜて飲んでます」
「これを飲むと肌の調子が良いんです!」
「え、そうでもないけど?」→やめて!営業妨害!」

そらまる:家に帰ったら、家着に着替える? 「家着のときもあれば、そのままのときもあります」
「まさか・・・裸族!?」 「裸族じゃない!(笑)Tシャツ派です」

みころん:遊びに行くなら、海?それとも山? 「海かなぁ〜」
「内陸育ちだから、海を見るとテンションが上がります!」
「今年は海に行けたらいいなぁ」
「裸族?裸族?」
「裸族ネタ引っ張らないでー!!」

いず様:5年前の自分に一言だけメッセージを送れるとしたら? 「5年後の方が心も体も若いと思う」
「5年前よりもイケてると思う!」

相変わらずいず様が酷いwww
こうして無事、本物のミルキィホームズであることを認められたのでした。

〜人魚・海中〜

13.Day by Day〜キミと一緒に〜

14.手のひらのキセキ

海中から出ると、いよいよソロパート・夢の中の世界へ。
「私の王子様、どこにいるんだろう・・・」 「ここだよ、未来」 おいwww


〜夢の中〜

15.DADADA☆はっく

16.ヒロイン探偵物語

17.ヒミツの花園

18.グッデイ・エブリデイ
そらまる→みころん→いず様→みもりんの順でソロ曲を披露。
ソロパート一発目のそらまるは、某小林幸子さんばりの巨大衣装で登場。
いやぁ〜さすが、これはさすがとしか言いようがないw
盛大に吹かせてもらいました。

打って変わって、みころんの衣装はお姫様風ドレス。
ステップを踏みながら舞うように歌ってる姿がステキでしたね。

いず様はそんな未来姫の王子様役にぴったりなタキシード姿。
歌った曲も相まって、異様なかっこよさでした。
かっこいい変態紳士。

みもりんは、パンダ姿で、パンダを背負って、パンダに乗って登場。パンダ尽くしでした。
とても可愛かった(小並感)

19.正解はひとつ!じゃない!!

20.ナゾ!ナゾ?Happiness!!


〜海賊〜

21.雨上がりのミライ(Alternative Mix)

22.プロローグは明日色

ここが体力的にピーク(笑)
正解→ナゾハピ、海賊の世界に移動してから、雨上がり→プロローグは明日色。
やっぱりアニメ主題歌は盛り上がりの次元が違いますねー。
個人的に、海賊のお衣裳がツボでした。可愛かったなぁ。

23.おいでスペクタクル!

24.バイバイエール!

「色々な世界を回ってきたけど、そろそろ閉園の時間〜」ということで、この2曲を歌ってアンコール前は終了。
アンコールを挟み、スクリーンに流れ始めたのはマイリトルポニーのアニメーション。
「ブランコ、あーるよー♪」←ピンキーパイ怖ぇよ!

<アンコール>

25.ナマコソング

26.熱風海陸ブシロード

ナマコソングと社歌。
いず様も言ってたけど、実にミルキィらしいアンコールです。

そして、ここから怒涛の新情報の解禁ラッシュ!


MV「ピンチにパンチ」初公開
 (8月21日発売の「ぐろーりーぐろーいん☆Days」限定版に特典封入)

・2013年11月6日(水)
『Milky Holmes Live Tour 2013 〜おいでスペクタクル!〜』ライブBD&DVD発売

不二家×探偵オペラ ミルキィホームズ ミルキィクリームロール』発売決定
 ファミマ.comにて限定販売・現在受付中
 http://www.famima.com/shop/c/cmilky/

ミルキィホームズ1stフルアルバム 今年12月発売予定!
 アルバム発売を記念して、同時期にライブも開催!

■2014年に向けてゲーム製作スタート
 音楽・楽曲をメインにした企画を進行中!

■2014年5月24日(土)
 ブシロード創立7周年記念
 『ミルキィホームズ with ブシロードライブ in 横浜アリーナ』開催決定



盛りだくさんってレベルじゃないですねw
ルキアンにとってはどれも嬉しいニュースだったんじゃないでしょうか。
ミルキィホームズはまだまだ安泰!ということで、2013年も2014年も元気に突っ走ってくれそうです。

27.聞こえなくてもありがとう

28.はいぱーみるきぃあわー

「聞こえなくてもありがとう」、ラストは「はいぱーみるきぃあわー」で〆。
内容も、新情報もてんこ盛りな楽しいライブでした。

おいでミルキィホーム 

こういう世界観・アトラクションを回っていく設定ってよくありがちとも思えるけど、王道だからすごく面白いんですよね。
各場面で振り分けられているシチュエーション、楽曲、衣装。
設けられたコンセプト・イメージに対して漠然としたものでなくて、それぞれがしっかりと分かりやすく色づけされているし、物語として出来ているモノなので飽きもなく楽しめる。
それは歌以外に、その合間などで見せる小芝居なども。
何かライブというよりも、一つの作品のミュージカルを見ているかのような感じでしたね。
そういった点も含め、他とは違った演出・パフォーマンスでミルキィの魅力を堪能できる公演だったと思います。

みもりんとそらまるに関しては、ラブライブと同期間だったからかなり大変だったろうなぁ。
来年も大忙しだと思うけど、お体は大切にしていってほしいですね。
とにかく、お疲れ様でした。
アニサマでのステージも楽しみにしてます!

広告を非表示にする