「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」大阪公演初日 参加レポ PART4

「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」大阪公演初日 参加レポ PART1
「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」大阪公演初日 参加レポ PART2
「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」大阪公演初日 参加レポ PART3
参加レポート、ラストです。

<アンコール>

21.Astrogation ◎(リフトアップ)
奈々コールの後に、再び奈々さんとチェリボがステージへ登場。
アンコール1曲目に披露されたのはアスゲでした。

ステージ中央にあった縦長のリフトが結構な高さまでアップ。
そして今回も揺れまくってました(汗
ステージ後方では、Gロケッツがフラフープのような輪っかを使ったアクロバットを披露。

<MC> 「みんな〜!アンコールありがとー!」
「じゃあいつものやっていいですかッ!」

「シャーッス!」

\シャーッス!!!/

「もういっちょ!シャーッス!」

\シャーッス!!!/


スマギャンも皆さんのおかげでまもなく600回を迎えます」
「777回も夢じゃない!そして、1000回も目指したい!絶対に頑張りたい!」

「ここで、嬉しいお知らせです」
水樹奈々…」 「初の…」 「海外ライブが決定しましたーッ!!」 「場所は、台湾です!」

「3年前から、ゴールドタイフーンという台湾のレコード会社さんからCDをリリースさせていただいて…」
「そしたら是非ライブを、というお話をいただきまして」
「ファンレターを全部訳して送ってくれたんですよ!」
「アンケートも訳していただいて…全部読みました!」
「現地にも多くのファンの方がいらっしゃるという話を聞いていて、『いつか行きたいな・・・』って」
「そしたら本当に行くことが決まって…本当に嬉しいです!」

「しかも、同時衛星中継もやります!こちらも初です」 「場所なんですけど、全国の色々な場所の映画館でやります(笑)」
「スタッフさんが交渉中なので、こちらは詳細が決まり次第発表します〜」

「そんな嬉しい気持ちMAXで!」
「皆、もっと一つになろうぜー!SUPER GENERATIONーッ!!」

22.SUPER GENERATION ◎ ☆ ◇

23.Love Brick ◇ ☆ ◎ ← → ◎ → ←


スパジェネ、ラブブリ…アンコールでも手加減なし。
そんなわけで、アンコール前に燃え尽きないように、皆さん、ペース配分は慎重に。
スパジェネの間奏では、1〜6月生まれと7月〜12月生まれに分かれてする珍しいコーレスも。

ラストは、ピエロのうっちー、Gロケッツも含めたメンバーがステージに集まり挨拶。
裏で流れる音源に合わせてハピゴを歌ってくれたし、奈々さんにはまだまだ力が有り余ってるような感じでした(笑)
もちろん、会場の俺らも元気モリモリでしたけどもw

★終演



というわけで、ここでLIVE CIRCUS大阪公演初日が終演。
今ツアー初参加の公演でしたが、やっぱり奈々さんのライブは楽しいですね〜。
奈々さんのライブに参加する度に、故郷に帰ってきたような気分になりますわ。

中身に関しては、サーカスというツアー名・コンセプトにぴったりな選曲と演出だったと思います。
オープニングからダンス曲が立て続けに披露されたり、他にも「そうきたか!」ってなる局面が多くて。
いつも以上に皆に楽しんでほしいという奈々さんの気持ちがとても伝わってくる内容でした。
個人的には、やっぱりまだ参加してない人にはセトリや演出は事前に調べずに参加してほしいですねー。
今回は内容を知らないことで、楽しめる要素がすごく広がると思うんですよ。
ツアーの場合、複数参加のうち、ツアー初公演は一度きり。
その一度きりであの宝箱を開けたような感覚を肌で感じ取ってほしいな、と。

で、ぶっちゃけると「ROCKBOUND NEIGHBORS」の楽曲って、今まであまり自分に合わなかったんですよね。
別に嫌いってわけではないですし、良いと思う楽曲もあったんですけれど。
(まぁ、これにも色々とワケがあるんですが、書くと長くなるので割愛します。)
CD発売当時は、「こういうのもアリなのかなー」くらいの気持ちで受け取ってました。

今ツアーはそのアルバムの曲がセトリの中心ということで、少し不安でもあったけど、えーと…普通に良かった(笑)
CDは何十回聴き込んでも馴染まなかったのに・・・ライブで聴くとあら不思議。
ホント、こういうことがあるからライブは必要不可欠なんですよねぇ〜。
これも、奈々さんとチェリボのハイクオリティなパフォーマンスがあってこそなのかも。
生で聴くと視点が180°変わるし、いろんな角度から楽曲を見ることができて面白いんです。
中でも、今回は「Cresent Child」が自分の中で一番化けた曲。

いやぁ…にしても、台湾での初の海外公演も決まって、嬉しいこと尽くしですね。
キャパが1000ちょっとで、台湾のファンの方々からは「会場が小さい!」と言われているそうですが(汗
大阪初日当日も、私の席の近くに台湾から参加されている男性の方が2人いらっしゃってましたし、奈々さんもいよいよ本格的なグローバル化か…私も近いうちにパスポート取っておかないとw

純パラ 

ロクバン 

ちなみに、台湾のHPではこんな見出しになっています。
曲名がさらに中二病チックになってますね(笑)

というわけで、いつも通りgdgdでしたが以上でLIVE CIRCUS大阪初日公演のレポートは終了になります。
残るは西武2daysと名古屋2日目の3公演。
余すところなく、全力で楽しみたいと思います。

では、最後に。

これからも水樹奈々に…

\かかってこ〜い!/

広告を非表示にする