読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニサマ2013 3日目 参加感想と3日間の感想

Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-

開催日:8月25日(日)/16:00開演
会場:さいたまスーパーアリーナ
出演:i☆Risいとうかなこ、後ろから這いより隊G、小倉 唯、喜多村英梨黒崎真音、Coda、小松未可子鈴村健一、ST☆RISH(寺島拓篤鈴村健一谷山紀章宮野真守諏訪部順一・下野 紘・鳥海浩輔)、スフィア、竹達彩奈田村ゆかり、富永TOMMY弘明、南里侑香野水いおり日笠陽子petit milady水樹奈々宮野真守ゆいかおり(小倉 唯&石原夏織)
 
アニサマ2013の3日目に参加。
3日間の総括と、感想です。超絶長いです。

〜オープニングアニメーション〜(出演者紹介)

 

コラボ:宮野真守水樹奈々

01.オルフェ SCARLET KNIGHT

〜後ろから這いより隊G

02.太陽曰く燃えよカオス

<MC:自己紹介>

03.恋は渾沌の隷也

竹達彩奈

04.ライスとぅミートゅー


野水いおり

05.SAVE THE WORLD

<MC:MVにちなんでセグウェイ乗っちゃいました!告知(来年2月2ndワンマン)>

06. Black † White


コラボ:野水いおり黒崎真音

<MC:昨年に引き続きコラボ、今年はアニソンシンガーの黒崎真音さんと!アニソンの歴史に残る名曲を!> 07.Get along


iRis

08. §Rainbow

小倉唯

09.Baby Sweet Berry Love Raise


ゆいかおり

10.ウェィカッ!! Shiny Blue

鈴村健一

11.シロイカラス

<MC>
・後ろでスタンバイしてたんだけど、すごいスカートだったね
・こんなおっさんが出てきてすみません
小倉唯ちゃんの早着替えどうなってんの!?おじさん、興奮しちゃったよ!
・最後は皆で盛り上がれる曲、出ベソ(中央ステージ)で騒ぎたい
・一緒に歌ってほしいパート、あそこ(スクリーン)に歌詞出ます!
1.周りに歌ってる人がいたら何となく合わせてください
2.勇気を出して歌ってみてください
3.最後の力を振り絞って歌ってください

12.ポジティヴマンタロウ


小松未可子

13.終わらないメロディーを歌いだしました。

<MC:「終わらないメロディーを歌いだしました。」を歌い終わりました>

14.夏至の果実

petit milady

15.鏡のデュアル・イズム 100%サイダーガール

いとうかなこ

16.トポロジー

<MC:劇場版シュタゲ、映画から入るのもアリ>

17.あなたの選んだこの時を

 

日笠陽子

18.美しき残酷な世界


〜富永TOMMY弘明〜

19.ジョジョ 〜その血の運命〜

<MC>

 

Coda(シークレットゲスト)〜

20.BLOODY STREAM


(休憩、3日目はスポンサーのCMが流れるのみ)

STRISH

21.マジLOVE2000%

<MC>
「せーの、ST☆RISHです☆☆☆☆☆☆☆(新人アイドル風挨拶)」 ・てらしー→清純派アイドル風挨拶
・鈴健→「後半戦も盛り上がっていきましょーっ!!」
きーやん→なぜか超爽やか
・マモ→「歌って、踊って、跳んで、跳んで、最高の一日にしましょー!!(動きがうるさい)」
・ベ様→「アニサマボーイ!」\いぇーッ!!/「アニサマレディ」\きゃああああ!!!/
・しもっち→「全力全開!男気全開!!」
→他メンバー「わぁーホンモノの下野紘だー」「初めて見たー」
・鳥さん→「諏訪部さんからのフリを飛ばされました…(本当はしもっちを飛ばす予定だった)」
・ST☆RISHが7人にパワーアップ!平均年齢も36歳にパワーアップ!

22.マジLOVE1000%-RAINBOW STAR ver.

喜多村英梨

23.Birth

<MC:こっからは、キタエリのターンだぁー!!男子薔薇組、女子百合組、今年もちやほやしてくださーい!>

24.Sha-le-la


コラボ:喜多村英梨小松未可子

25.Black Holy Happy Girl


黒崎真音

26.UNDER/SHAFT

<MC:告知(東京レイヴンズOP担当、三澤紗千香ちゃんの誕生日と同じ日にバースデーワンマン)、次は、2010年にデビューしたこの曲>

27.君と太陽が死んだ日

 

コラボ:南里侑香いとうかなこ

28.暁の車

南里侑香

29.Mother land

<MC>

30.BLOODY HOLIC


宮野真守

31.カノン

<ダンスパフォーマンス>

32.ULTRA FLY

 

〜スフィア〜

33.GENESIS ARIA

34.Pride on Everyday

<MC:4人合わせて、スフィアです☆告知(「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」主題歌が11/27にリリース、9/15、16に代々木2days)>

35.LETMEDO!!

 

田村ゆかり

36.めておいんぱくと

<MC>
「ひとりぼっちですけど、田村ゆかりです☆」
「皆、加奈子のこと好き?」→\好きィーーーーー!!!!!/
「うっへぇ、オタクきめぇ!!」→\うぉおおおおおおおおおおおおお!!!/
「…っていうセリフだから!(笑)」
「もちろん、ゆかりんは・・・皆のこと、大好きだよっ☆」
「あんまりMCが長いと叩かれると聞いたので、次の曲いきます(笑)」

37.WWonder Tale

38.Fantastic future

 

水樹奈々

39.愛の星

40.BRAVE PHOENIX

<MC:2年ぶり、やっぱりアニサマはサイコーッ!!>

41.Vitalization

42.Synchrogazer
〜オールキャスト〜
43.The Galaxy Express 999

と、いうわけで・・・
アニサマ2013、全日程が終了ー! 参加された皆さん、出演者の皆さん並びにスタッフさん、本当にお疲れ様でした。
では、ここから3日目の感想と、3日間参加してみての感想をちょっとばかし。

アニサマ3日目のオープニングを飾ったのは、宮野真守水樹奈々の超強力コンビ!
スクリーン見た瞬間、まぁ当たり前のように眼球が飛び出ましたよね。
まさかこの組み合わせでくるとは。
3日間で唯一のメドレーによる開幕でした。
オルフェもスカナイも、二人のハモが美しかったですねぇ〜。
本当に、「こんな贅沢ってあるの?体感しちゃっていいの?」って。

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! ちょ、初っ端からこれかよwww死ぬわwwwww
「太陽曰く燃えよカオス(ショートver.)」と、MC挟んで「恋は渾沌の隷也」だったんですけど、2組目からマッハで飛ばしすぎてて、思わず笑いが込み上げてきちゃいました…どうも運営は俺たちを生きて返してくれないらしい。
3人とも恐ろしいくらいに可愛かったよ…とくに、まつらいさんとかいう美少女。
隣の人が相当なアスミスファンだったらしく、彼のアスミスへの愛の叫びで俺の鼓膜のSAN値がピンチ。
体力がジワジワと削られるのを感じつつ、声を枯らしてコール!ひゃぁーっ!楽しいー!1!!(病気)
\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ! 

アイラブビーフ!アイラブポーク!ロックンロース!
肉ソングを引っ提げ、続いて登場したのはあやち。
彼女はアニタイを持ってないので、歌うのはこの曲しかないと考えてました。

と、本人もツイートしてますね。

アニタイを持ってるアーティストがノンタイを歌うことはありますが、アニタイを一曲も持ってないアーティストが出演するっていうのは極めて珍しいことだと思います。
まぁ3日目は出演者がほぼ声優ですから、メンツ的にはあまり浮いてなかったかな、と。
アニサマ」なんだから「アニソン」を歌えっていう人もいるでしょうし、それは一つの意見として理解できます。
ただ、私個人は「アニソン」括りにしてしまうと、そこにカテコライズされる人は限られてくるし、自分が興味を持てるかもしれない幅を狭めちゃうんじゃないかなと思う面もあるんです。

なので、アニメやアニソンに近しい人物、その世界で仕事をしている人の出演は別に構わないと思います。
とくに近年は、この業界への注目度も上がってるうえに、色んな方面、角度からのアプローチも多い。
だからこそ、こういうイレギュラーなものも、まずは受け取ってみてから考えるべきかなってね。
受け取る前から拒絶して、「ふざけるな」「あり得ない」って言い放つのは何か違う、自分はそう解釈してます。
アニメやアニソンのある世界が好きだから、その可能性を自分から潰すようなことはなるべく避けたい。
もちろん、受け取ったうえで「自分には合わない」「あまり好きになれないかな」っていうのもありますけどね。
以上、私のハイパーウルトラ個人的な考えでした。
ま、聞き流してくださいw

この曲はコールパートも多いですし、分かりやすいので、結構盛り上がってましたね。
そしてあやちファンの連れがめちゃくちゃ荒ぶってましt

あれは・・・セグウェイ!?
いおりんが登場する際に乗ってきたのは、セグウェイ
かなり練習されたようで、安定した身のこなし方で操作してました。
世界一セグウェイに上手く乗れる声優、それが野水いおりなのである。
2曲目は「Black † White」。
うん、やっぱmanzo楽曲はかっこいい!!

コラボはいおりん×ヲ嬢でスレイヤーズこれまた意外な組み合わせ。
冒頭のリナの台詞をいおりんが言ってましたね。
イントロ聴いただけで鳥人間になっちゃう系男子です。かっこよかったし、良いコラボだった。
そしてめぐさんと奥井さんが歌ったのも聴きたい…無理か。

シクレでめぐさんが出てきて、「Give a reason」と「Northern Lights」を歌う、っていう妄想を毎年してますわ。

バイチュッチュー。 と言って、ステージを去っていったi☆Ris
エイベと81が組んで開催したアニソン・ヴォーカルオーディションの合格者6人で結成されたグループだそうな。
声優アーティストとして個々で活動することを目標にしているとのこと。
メンバーの一人の芹澤優ちゃんは、名前だけは見たことがありますね。
披露した「§Rainbow」はプリティーリズムの二代目EDテーマ曲。
初聴きだったけどフレッシュな曲で、ステージでも良く動いていて、メンバーの元気な笑顔が見えました。
同じ系統だと、アイカツ!から「STAR☆ANIS」呼んでみても面白かったかも。

天使と書いて、小倉唯と読む。
BSBL 〜 Raiseのメドレー方式でしたが・・・すごかった。
カオスになって退場者大量に出るんじゃね?とか思ってたけど、私の周囲にはいなかった模様。
どうやら、唯ちゃんのあまりの可愛さに、心を奪われてしまったようでした。

鈴村健一も大興奮の早着替え。 この後の鈴健も触れてましたけど、着替えがめちゃくちゃ早い!びっくり!
そんなわけで、早着替えを終えた唯ちゃん、そしてキャリさんがステージへ。
メドレーとはいえ、2つ続けて登場してあちこち動き回って歌ったり踊ったり…ブレないですねー。
キャリさんも唯ちゃんも安定のエンジェルっぷりでした。

鈴健! コードブレイカーED「シロイカラス」と、「ポジティヴマンタロウ」を披露。
後者では、スクリーンに出る歌詞を皆でコール。
\立ち止まるな!/ \ころぶなら前のめりに/
\もっと!もっと凄いのだ!/ \本当の俺は/
生でも上手いし、かっこよかったなぁ。

\チェリー/ ステージ上段から現れたみかこし。
そのまま静かにステージを降り、目を閉じたまま「終わらない〜」の1番を歌唱してました。
夏至の果実」は意外でしたね、去年と同じく「Black Holy」だと思ってましたよ。
ノベルアプリのEDテーマってのも珍しいですねw
サビ頭の「チェリー」を一緒に歌ってほしいというみかこしのお願いで、この部分をコール。

あっという間に退場…プチミレ。
歌ったのは「鏡のデュアル・イズム 」&「100%サイダーガール 」のメドレー。
前者は遊戯王のオープニングなんですが、盛り上がりはいまいちだったなぁ。
むしろ、サイダーガールの方がイントロ流れたときの反応は良かった。
何か普通に歌って普通に退場していったって感じでしたね…コラボもなかったし、もったいない出演の仕方。

前半戦終盤…ここでいとうかなこさん。 科学アドベンチャーシリーズから、ロボノ「トポロジー」、劇場版シュタゲ「あなたの選んだこの時を」の2曲。
スクリーンでシュタゲのアニメーションが流れてるのはアツかった。
で、個人的に面白おかしかったのがMC。
「映画から入るのもアリ!」っていとうさんは言ってたけど、千代丸社長は「映画から入った人はちんぷんかんぷんだし面白いと思わない」的な発言してたよ!w
周りがざわざわしてたのはコレが理由だったかもしれませんw

その血の運命、ジョジョーッ!!! コーラス隊に扮したダンサーが登場した後に、あのイントロが。
このイントロ、高まらずにはいられないッ!!

格好、オーラからして凄まじい波動を感じますね。
サビラストはもちろん、
「その血の運命ーーージョーーーージョッッッ!!!!!」 会場で大合唱。
もう何ていうんだろう、一緒に歌いながらも、魂が震えるっていえば良いのかな。
尻上がりに力強く、ソウルフルになっていくTOMMYさんの歌声…そこにしびれる!あこがれるぅ!! かっこよすぎて泣けてくる。
そしてダンサーの皆さんがサビで手を突き上げるのが結構シュール。

ここで、観客への感謝、そしてジョジョ絡みのMCに。
最後に「アツい血脈は流れているかァー!」って客席に問いかけるのを何度も繰り返して、こっちは完全に「この後何かくるぞ…」と期待して\うぉおおおおおおおお!!!/と返したんですが、「それを聞いて安心した」と言ってTOMMYさん、まさかの退場w
会場も「えwww」みたいな雰囲気になってて笑った。

が、しかし。
ここからがアツかった。
次にお前は「やべぇ」と言う。

少しの間を空けてスクリーンに映像が流れ始めたんですよ。
ジョジョ最終回のラストシーン、おじさんになったジョセフが出てくるところ。
「でも、ウォークマンは好きだがね」→スイッチポチッ

やべぇ..........ハッ! いやぁ、まじで。アツすぎるでしょ。
スイッチポチッ→「BLOODY STREAM」ってのはアニメ最終回と同じ流れですからね。
大興奮・発狂した人も多かっただろうな。
生で聴くあのイントロのメロディほど脳汁を溢れさせるモノはないわ。

そんなわけで、最終日のシークレットゲストはCodaさんでした!
歌うときは一歩踏み出して手を後ろで組み、歌以外では一言も話さず、最後は客席に拍手してステージを去っていきました・・・はぁ、これなんてイケメン。
TOMMYさん歌、からの繋ぎ、そしてCodaさんの歌も素晴らしかったんですが、何といっても間奏の映像ね。
ジョジョーッ!俺の最後の波紋だぜ!受け取ってくれぇーッ!!」
→「シィィイイイイイイイイイイイイイザァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」
ここが映像パートに組み込まれてて、俺氏即死。
テレビで見たとき、嗚咽するほど泣いたシーンだからあの流れからのコレは辛い…嬉しいし最高だし幸せなんだけど辛かった、もちろん、良い意味でね。
汗に混じって目から謎の水分が流れていったのは内緒だぜ。

波紋のビートが刻まれたところで、前半戦終了。
3日目の休憩タイムはただCMが流れるだけでした。
ちなみに前半戦終了時点の曲数は、3日目が最少の20曲。
「後半戦に体力残しておけよ」という運営の配慮だったに違いない。

文字数制限。→次の記事へ。

広告を非表示にする