輝きの向こう側へ

SSA

アイマスinさいたまスーパーアリーナ2daysの個人的な感想。

さて、先週末、2日間に渡ってたまアリで開催された

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」

こちらに両日参加してきたので、その感想を少しまとめていこうと思います。

今回のライブのテーマは「繋ぐ」
MCでこれに関してえりりんが話していて、今回はそれをテーマに歌のバトンを次へ繋いでいくというものでした。
もう一週間経ちますが、未だにあの夢のような空間にいたことが信じられないくらい。
今も夢見心地です。

◆頼り甲斐のある先輩 やはりといいますか、必然と言っていいでしょう。
アイマス初のさいたまスーパアリーナ公演、これだけ大きな会場に立つのは緊張もするだろうし、覚悟も必要です。
そこで、精神的支柱となっていたのは765PRO ALLSTARSでした。

シンデレラガールズも、ミリオンスターズも、中の人は声優としてのキャリアは浅い方が多いです。
一部例外、フツーに活躍されている方もいらっしゃいますが。
まぁ、アイマス自体、こうして定期的に開催されるライブ・イベントで歌を披露〜っていう特殊な作品ですし、『普通』に声のお仕事をされている方からしたら未知の世界でしょう。

ライブ中、肉眼ではしっかりと確認できないところもあったので、スクリーンでもチラチラ見ていましたが、振付をしている指先が震えていたり、顔が強張っていたり。
あの会場に立つことは、それだけメンタル的にも負担のかかることだと思います。

そんな中、先輩としての力を遺憾なく発揮していた765の面々。
今週放送されたデレラジ、ミリラジではライブの裏側についての話がありましたけど、春香役の中村繪里子さんが後輩の練習が終わるまで何気なく残っていたり、また、出番前にそっと手を握ってくれたりなんてことがあったみたいですね。
2日目では、冒頭のMCを噛んで「サイパン」と口にして、会場の笑いを誘ってましたが、後輩の皆さんはそれすら「私たちの緊張を解こうとわざとやっているのでは」と思っていたそう。
もうね、リアル春香…えりりんストップ高ですよ。
『中村先生はいくら払ったんだ』っていう冗談なんかもコメントにありましたが(笑)

◆頼もしい後輩 不安と緊張で押し潰されるかも…そんな規模でのライブでも見事なパフォーマンスを披露した後輩たち。
シンデレラ・ミリオンの出演者の方々は、去年の8th千秋楽で一度見たのみでしたが…
福原綾香さん、大橋彩香さん、山崎はるかさん、田所あずささんの4名)

ポテンシャルの高さ、吸収力の高さというものを「これでどうだ」といわんばかりに見せつけられたような。
赤城みりあ役の黒沢ともよさんとかね。
現役高校生にも関わらず、歌もダンスも申し分なし…思わず「おぉ…」と声が出てしまうほどに。
ライブ後の反響も、黒沢さんについての感想がとても多かったように思えます。
プリキュアの主題歌を担当したそのパワーは伊達じゃない。

そしてミュージックレイン2期生、スフィアの4人の後輩として注目度も高い雨宮天さん。
彼女も20歳という若さですが、圧倒的な歌唱力と、その可憐な風貌に僕は心を奪われてしまいましたね。
グラハム某も飛んでビックリするような舞台上での立ち回り。
麻倉ももさんといい、夏川椎菜さんといい、ミューレはすごい人を見つけてきますね・・・

このお若い2人が、ミンゴス、アッキーと一緒に「arcadia」を歌うんですから。
「普段通り」全力で歌い上げるミンゴスとアッキー。
それに負けず劣らずの力を振り絞る後輩…すごい光景でしたよ。

8thで一度拝見していた4人も更にパワーアップ。
ライブを重ねる毎に力強く、頼もしく成長している福原さん。
笑顔でステージを華々しく飾る大橋さん。
常に全力全開で、会場を煽り倒し盛り立てる山崎さん。
高い歌唱力で魅せる田所さん・・・成長過程がトンデモナイ。


◆内から外ではなく、外から内へ? 私がアイドルマスターという作品に本格的に触れるようになったのはアニメが放映されてからのこと。
アニマスが始まった当時は、出演声優の名前とキャラクターの名前が一致しないほどでしたが、アニメをきっかけに中の人の魅力にも引かれていき、それからはミンゴスやはらみーなど、アーティストとしての活動も応援するように。

我々の界隈では、アニメやゲーム作品を通して気になった人に少しずつ魅かれていき、その人単体での活動にも興味が〜っていうのが割かしデフォルトだと思うんですよね。
でも、今回はライブ後の感想なんかを見ても、「あまり知らない人だったけど歌がすごく良かった」といったモノが多かった印象。
アケマス、箱マス、SP、アニマスなどから入った人もいれば、今では、モバマスやグリマスからアイマスに入った人も。
全員が全員、アイマスという作品の範疇で広がっていく世界観についていっているわけではありません。
だから、今回のライブはそういう意味では、とても未知の可能性を秘めていた、と。

アニマス竜宮小町回で、当時売れていなかった765のメンバーが竜宮が到着する時間までをライブで繋ぐという話。
竜宮目的で来たファンは退屈そうだったけれど、最終的によく知らない子たちが頑張る姿を見て盛り上がってましたね。
それに通ずるのがこのさいたまスーパーアリーナでのライブ。
自分の目的の人以外で、感銘を受けたときの衝撃っていうのは計り知れません。
765しか知らなかった人も、モバマス目当てだった人も、今回のライブで「何かすごい!」「この子頑張ってるなぁ」
そう思った方が少なからずいたでしょう、自分もそのうちの一人です。
作品からではなく、作品を構成する人たちの想い、努力、魅力。
これによって、今まで以上に「アイドルマスター」という場所が活気づいてくれるのでは…活気づいてほしいなってね。
そんなこと言ってる自分も、気になった人をライブが終わるや否や、wikiで詳細調べたりあれこれしてましたが(汗

・・・まぁ、声優さんが大好きな僕個人の観点での意見ですし、「これも入口の一つ」っていうお話。
もちろん中の人ありきにはしてほしくないですし、入口が多いアイマスだからこそ、作品としても盛り上がる方法をたくさん見出してもらって、ちゃんとその入口も用意してほしいです。  
 
◆満を持しての登場に、大号泣

ほんの数秒の出来事。
あまりのことに、頭の中が真っ白、目の前はセルフエコノミー。
だって、だって「日高愛」がステージ上にいたんだもの。
まともに呼吸することすら出来なかったですよ。

「HELLO!!」や「GO MY WAY!!」は、以前戸松さんが「Music Rainbow」というスフィアの4人がソロで開催する特殊なライブ(レアなキャラソンを披露したり、ちょっとした芝居などをする)で披露されていましたが、アイマスライブでフルサイズの歌唱は初。
メドレーコーナーの一角でしたから、てっきりすぐいなくなっちゃうかと思いきやフル。
嬉しいことに、ラストの「IDOL POWER RAINBOW」までいてくれたし。

アイドルマスターディアリースターズ日高愛を演じさせていただいている」
「演じさせていただいていた」ではなく、「演じさせていただいている」。
日高愛というキャラが、戸松さんの中でしっかり生きてくれていたんだなと。
そう思えただけでも涙が込み上げてきましたね。

春香、卯月、未来、愛。
この4人が同じステージに並ぶときが来るなんて…しかもそれを生で見れるなんて。
何か、もう、感激。
あのときの感情は上手く言葉に出来ませんね。
ありがとう、とまっちゃん、次は是非、三瓶さんと香菜ちゃんも一緒に。

…876の3人、ジュピターの参加はいろんな意味で難しそうだけど、いつかは見てみたい。
あと、それ以上に難しいけれど、長谷優里奈さんのステージも・・・いつかは・・・

◆ その他、大達人的箇条書き
・宏美さんの「プロデューサー!ただいまー!」に全力で「おかえりー!」、おかえり!宏美さん!真!
(次は直ちゃんにも「おかえり!」と全力で答えたいですね)
・待ち受けプリンスにて:宏美さん「さあBABY 俺についてこいよ!」←イケメンすぎて濡れた
・「流星群」、ギターを弾きながら歌う愛美さん、かっこよかったなぁ…
・「透明なプロローグ」、ラスサビ前に泣きながら伊藤美来さん「忘れないから!」でもらい泣き
・「Rebellion」、2番サビで赤く染まる会場に鳥肌、ぬーのダンスもキレッキレ
・「アフタースクールパーリータイム」にて:超美人な藤井ゆきよさんが歌うめちゃキュートなラップにギャップ萌え
・「Alice or Guilty」:キングの低音、ぬーの台詞に痺れる
・「ALRIGHT*」にて:2日目、泣いてしまったあずみんが可愛かった、そしてそのパートをカバーするP
・「ビジョナリー」、あさぽんの「ぎょえー!」がリアルにドン引き(褒め言葉
・「いっぱいいっぱい」にて:はらみーとまやちゃんが眼鏡装備!大好きィー!!
・あんずのうた→おねshall→メルヘンの流れが最高に楽しかった
・my song→チクタク→恋花→君が選ぶ道→約束:涙腺がジーンと

他にも語りたい部分はありますが、とくに印象に残った場面を抜粋。
ちなみに、2日目の約束について補足。
初日はセンターステージでの披露だった「約束」が、2日目はメインステージでした。
そして、ラストは7thと同じ演出で、ミンゴスの背後に765集合。しかもこれだけでは終わらない。
「la la la〜」のパートで、765の全員が合唱をしたんです。
微笑みながら寄り添うミンゴスえりりん→そのまま「M@STERPIECE」へ。
涙腺がボロボロ、顔ぐちゃぐちゃになりました。

◆総括
書きかったことは割とまとめて書いたつもりだったんですが、やっぱり長くなっちゃいましたね(汗
僕はボキャブラリーも拙いですし、文章力もないので、そこが歯がゆい。

オススメのライブレポート→「初日」・「2日目
アイマス関係ではお馴染み、中里キリさんのライブレポートです。
めちゃくちゃ読み応えあるので、是非ご一読ください。

2日間合わせて公演時間9時間以上、出演者も初日が29名、2日目シクレの戸松さん含めて30名。
文字通りアイマス史上最大の祭典となりました。
長すぎる(遠征民が帰れない・終電の向こう側へ)、曲によっては765・シンデレラ・ミリオンのメンバーの組み合わせが微妙、とか人によっては不平不満も見られましたが、僕個人は「最高に楽しかった」ですよ。
とりあえず、今回は「繋ぐ」がテーマだったわけですから。
同じ「アイドルマスター」の作品を知ってもらう…言い方はあれかもしれないけど、販促ライブみたいな。
春以降は、ワンフォーオール、シンデレラ1stライブ、ミリオン1stライブなど、それぞれで展開がありますしね。
これを機に、スポットライトを浴びる子が増えてくれると嬉しいです。
主に女性向けの「sideM」という新展開も発表され、9周年、そして10周年へ向けて動いている模様。

成長を続け、様々な可能性を見せてくれるアイマス
今公演は、十分すぎるくらいの「輝きの向こう側」でした。
でも、もっと輝ける。もっと輝いたところへ行ける。
そう感じさせてくれたんですよね。
だから、そう感じさせてくれる限り、僕は応援するし、追っかけて行きます!
・・・財布は持たないかもしれないけど!(笑)
頑張れ財布、頑張れ俺。

ま、そんなところで感想は締めたいと思います。
今を大切に、悔いのないように…アイマスガールズにもらったパワーで僕も頑張らなければ!
それでは、大達人のポエムにお付き合いいただき、ありがとうございましたw

NEVER END IDOL
M@STER PEACE!

初日2日目
01.THE IDOLM@STER
02.READY!!
03.CHANGE!!!!
04.ラムネ色 青春
05.Rebellion
06.Mythmaker
07.ビジョナリー
08.乙女よ大志を抱け!!
09.The world is all one!!
10.アタシポンコツアンドロイド10.PRETTY DREAMER
11.TOKIMEKIエスカレート11.トキメキの音符になって
12.ましゅまろ☆キッス12.オリジナル声になって
13.ミツボシ☆☆★13.Blue Symphony
14.MEGARE!
15.Blue Symphony15.Orange Sapphire
16.ライアー・ルージュ16.あんずのうた
17.流星群17.おねだり Shall We〜?
18.PRETTY DREAMER18.メルヘン☆デビュー
19.ALRIGHT*
20.自転車
21.edeN
22.自分REST@RT
23.さいたまスーパーアリーナスペシャルメドレー
キラメキラリ
ラ?ブ?リ
私はアイドル
エージェント夜を往く
arcadia
Alice or Guilty
"HELLO!!"24."HELLO!!"(フルコーラス)
GO MY WAY!!
待ち受けプリンス
i
いっぱいいっぱい
Vault That Borderline!
24.お願い!シンデレラ25.Thank You!
25.Orange Sapphire26.お願い!シンデレラ
26.Nation Blue27.Romantic Now
27.Twilight Sky28.DOKIDOKIリズム
28.S(mile)ing!29.アタシポンコツアンドロイド
29.Never say never30.Nation Blue
30.MUSIC♪31.MUSIC♪
31.アフタースクールパーリータイム32.Precious Grain
32.Happy Darling33.素敵なキセキ
33.透明なプロローグ34.ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン
34.Sentimental Venus35.恋のLesson初級編
35.my song36.Sentimental Venus
36.チクタク37.my song
37.恋花38.チクタク
38.君が選ぶ道39.恋花
39.約束40.君が選ぶ道
40.Thank You!41.約束
41.M@STERPIECE42.M@STERPIECE
42.IDOL POWER RAINBOW
43.IDOL POWER RAINBOW