読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミリオン2nd参加感想 part1

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!!

会場:幕張メッセイベントホール

2015年4月4日(土)開場16:00・開演17:00
出演者:(敬称略)
山崎はるか (春日未来役), 田所あずさ (最上静香役), Machico (伊吹 翼役),
麻倉もも (箱崎梨花役), 雨宮 天 (北沢志保役), 伊藤美来 (七尾百合子役),
夏川椎菜 (望月杏奈役), 藤井ゆきよ (所 恵美役), 渡部優衣 (横山奈緒役),
木戸衣吹 (矢吹可奈役), 小岩井ことり (天空橋朋花役), 駒形友梨 (高山紗代子役),
近藤唯 (篠宮可憐役), 戸田めぐみ (舞浜 歩役), 山口立花子 (百瀬莉緒役)

2015年4月5日(日)開場16:00・開演17:00
出演者:(敬称略)
山崎はるか (春日未来役), 田所あずさ (最上静香役), Machico (伊吹 翼役),
麻倉もも (箱崎梨花役), 雨宮天 (北沢志保役), 伊藤美来 (七尾百合子役),
夏川椎菜 (望月杏奈役), 藤井ゆきよ (所恵美役), 渡部優衣 (横山奈緒役),
愛美 (ジュリア役), 上田麗奈 (高坂海美役), 大関英里 (佐竹美奈子役),
末柄里恵 (豊川風花役), 高橋未奈美 (馬場このみ役), 村川梨衣 (松田亜利沙役)

以下、参加感想。


ということで、久しぶりにライブレポート!
久々すぎて書き方忘れてる感もありますが、最後まで書き切れればと思いますです。

◆まず最初に
昨年行われたミリオン1stライブ。
記念すべきミリオンスターズ初の単独。
そして会場が中野サンプラザということで、非常に競争率の高いライブイベントになりました。
自分はチケ争奪戦に敗れ(いつも通り)、同時期に別ライブも重なっていたため、現地で参加することはおろか、LVでの参加でも見送ることに(この後めちゃくちゃ後悔した。)

そんなわけで、ミリオンの面々を現地で堪能できたのはアニサマSSAくらい。
自分にとっては初のミリオン単独でしたので、楽しみだったのはもちろん、期待度も相当なもの。
そしてその期待度を軽々と飛び越えてくるのが彼女たちでした。
アイマスライブで裏切られる(良い意味で)のは基本、これ豆な。

初日は現地、2日目はLVだったので、こっからは出演者ごとに感想をずらーっと。


渡部優衣さん
初日:ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン
2日目:Super Lover
ソロ曲トップバッター!ゆい㌧こと、渡部優衣さん。
初っ端から会場を盛り立てるには十二分すぎましたね。
初日はH☆L☆Jで元気よく、2日目はスパラバでキュートかつちょっぴりセクシーに。
あのスタイルから繰り出されるダンスはいつ見ても素晴らしいですね(ゲス顔
前者のように会場中に元気を振りまいてパワーの波を巻き起こすようなときは、手足が千切れるんじゃないかと心配になるレベルで激しく動き回り、後者ではスラっと伸びたその長い手足と可愛らしい表情が絶妙に混ざり合ってSO GOOD.
また、途中のMCでは、ゆきよさんと「合言葉はスタートアップ!」を歌うことが決まったときのエピソードも。
ゆい㌧はゆきよさんに『ウチ痩せるわ!』と連絡してそうで。
ゆきよさんのスタイルがとんでもないのは認めるけど、ゆい㌧はそれ以上痩せる必要ないでしょ!(笑)
2日目は副業絡みで遅刻してゆい㌧のパートは1/3くらいしか見れなかったのが無念…映像化はよ。

麻倉ももさん
初日:夢色トレイン
2日目:トキメキの音符になって
もちょだよ~(o・∇・o)もはや説明不要。
この2日間で、夢色トレインにも乗れたし、トキメキの音符にもなったからもう後悔はないよなぁ!?
もちょに関しては…何といってもMC。
会場に何千といるPの脳裏はもちょのMCで焼き尽くされた感ある。上手に焼けました。
・「まさか(幕張でのミリオンの発表から)2年後にこの舞台に立てるとは思いませんでしたとさ(昔話並感想)」
・「機械のトロッコにも乗れて~~(※人力です)」
・「この、つー…つー……セカンドライブで」
・「たくさんの人々のところに行って・・・シワも見えましたッ!」
などなど。いつも通りといいますか、通常運行といいますか・・・・・
言葉を発する毎に会場をざわつかせるもちょのMCには、今後も期待したいところ(焦
そんなMCの自己主張が自ずと強くなってしまうもちょですが、意外(?)とパフォーマンス面ではド安定ofド安定。
濃厚すぎるキャラクターのせいでちょっと特殊な扱いを受けているだけで、歌やダンスはハイクオリティなんですよね。
アイマスライブや、トラハモ関連で彼女が歌っている姿を見たことがある方ならご存知だとは思うんですが。
ソロ曲も振付や仕草などに星梨花らしさがぎゅぎゅっと詰まっていて好きなんですけど、麻倉ももとしても楽しめるのは1stに引き続き今回も披露した「Marionetteは眠らない」かなー。
普段とのギャップにやられるやーつ…やっぱり表現者なんだなって思わされるシーンです。
よりギャップを楽しみたいと思った人は、ハニワの「告白実行委員会」キャラクターソングCDを買いましょう。
そして3曲目の「今好きになる。feat.瀬戸口雛(CV:麻倉もも)」を聴くんだ、いいな?(ダイレクトマーケティング)


夏川椎菜さん
初日:Happy Darling
2日目:VIVID イマジネーション
プロデューサーが選ぶ、妹にしたいアイマス声優第1位(個人調べ)。
ちなみに2位:みっく、3位:もよちーです。
ナンスに布団を剥ぎ取られてから、「起きてっ!」って怒鳴られたい
と、いうことで、我らがナンス、夏川椎菜さん。
TrySailでは、一番年下なのに一番しっかりしているらしいよ~(*゜0゜)
すっかり機転を利かせてトークをしたり、年上をお世話したりするしっかり者のイメージが定着しつつありますけど(あと不憫キャラも)、ライブでは年相応…って言ったらちょっと失礼ですね、今回も等身大のナンスを見れて心がホクホク。
ほら、18歳の女の子が汗びっしょりになりながら一生懸命歌って踊って、「応援ください!」って言ってるの・・・良くない?微笑ましくない?グッとこない?
ハピダリはコールこそ最難関と言われているけれど、覚えてしまえばこっちのモノ。
まぁナンスの楽しそうな顔を見てると、コールをするのも忘れそうにもなりますけどねっ。

で、ミリオン2ndで印象的だったのはやはり2日目の「Sentimental Venus」。
ナンス、すーじー、ゆい㌧の3人でトロッコに乗り披露していたこの曲、機材トラブルで曲が終わり切る前に演奏が止まってしまうというアクシデントが。
演奏が止まってからは会場のPと3人がアカペラで合唱して、突然のトラブルも無事に乗り越えることに成功。
あまりにもキレイに終わったため、演出だと思ったという方も結構いたみたいですね。
自分はLVで見ていたんですが、完全に演奏が止まり切る前から不自然な音の切れ方をしていたので、音が止まってしまった瞬間、内心「(アチャー…)」でした。
が、咄嗟にアカペラで歌いだすPと、最後まで歌い切った3人の姿を見て、自然と声が漏れましたね。「すげぇ…」って。
そして最後の挨拶で、ゆい㌧・すーじーと一緒に謝罪と感謝の言葉を述べたナンス。
とても18歳の子がするようなフォローの仕方、挨拶ではなかったなぁ…改めて感激した部分でしたね。
出来ればもちょにも見習ってほしい。
初日に「応援ください」の下りをとちって慌てていたのが嘘のよう。
これからも「応援するよっ!!!!」っていう気持ちが強くなりました。

(そんな中、アサミンゴスPさんはミリオン2ndで伝説を残していきましたとさ。)togetter.com

小岩井ことりさん
初日のみ:Maria Trap
にゃんぱすー。
初日に参加出来て良かったなぁと思った要素の一つ。
出だしはLTHの「鳥籠スクリプチュア」の天空騎士団七か条から。
ライブ用のアレンジかと思いきや、そこから繋がる「Maria Trap」…まんまと罠にかけられましたね。
この曲を最初に聴いたときのインパクトの大きさは、ライブで聴いても変わらず。
むしろ、ライブの方が衝撃度数でいったら数段上でしたよ。
某有名ライターさんが、ガミPが口をぽか~んと開けてことりさんが歌っている姿を見ていたとツイートしてましたし、あの瞬間は会場中子豚ちゃんになってたね、間違いないね。
その後、初出演組の出番が終わってからのMCでは、緊張が解けたのか泣き出してしまう場面も。
MCでも話していましたし、パンフにも書かれていましたが、ことりさん自身は朋花としてアイマスに関わる前から、アイマスが好きだったそうです。
そんな想いもあってか、なかなか朋花を歌わせてあげられずにいたことが申し訳なかったと。
この話を聞いて、小並感…いや、子豚感かもしれないですけど、本当に良かったなぁって思いましたね。
かなり緊張しているようには見えましたが、曲中は堂々とされていましたし、演出も相まって「Maria Trap」の世界観を忠実に表現されていたんじゃないかなぁ、そりゃもう心が震えるレベルで。
ライブ後半にかけて、笑顔が見られるようになったのも良かった…可愛すぎかって感じ。
MCの「こんなに素敵な仲間が増えて本当に嬉しい」って話も、他メンバーが喜んでるのを見て「最高かよ…」を心の中で連呼。
他の演者目線はもちろん、応援する側もこういう発言って半端ないほど嬉しいんですよねぇ、純粋に。
だからね、にゃんぱすとか言ってる場合じゃないからホント。
ライブ前から分かってたけど、魅了され過ぎて終演後「小岩井ことり様ァァァ…♡」ってなってたから。
あ、あと、振付で結った髪の先を背中側でクルクルさせるのがヤバかったです(見てた人はめっちゃ伝わる)

山口立花子さん
初日のみ:Be My Boy
満を持して、メール返ってこない人登場!
結果:俺の魂が返ってこなくなる。
等価交換にしては持ってかれたもんでかすぎじゃね?とかそんなこと考えてる場合じゃねぇ。
ちくわ食ってる場合じゃねぇ。
ん~、エロかったんだ、とても・・・なんかこう、表現しにくい方のエロいやつ(伝われ)
そうそう、他メンバーにも言われてたけど、唇がセクシー。
あの唇はねぇ、(以下自主規制
個人的にはサビ前の腰を手で叩いてからグネッと回す振付がたまらなかったですね。
いやはや、あのときの様子だったり、感じたことをもっと書きたいんだけど、上手く書き出せないなー。
ステージの端から端までを移動しながら…少し笑みを浮かべながら歌う様子…
「あっ、莉緒ねえだっ…」って思いながら曲を聴いていたらあっという間に終わってしまったんだ…。
自分は初出演組では一番ことりさんが緊張しなさそうだな~とライブ前からなんとなく予想してたんですが、ことりさんも結構緊張している様子だったので、この後のメンバーは大丈夫かな、なんて思ってたんですよね。(とくにゆんこん)
だから、りかねえの歌い出しと表情を見たときはホッとしましたよ。
LTH10収録曲「WHY?」はどんな表情を見せながら歌ってくれるんでしょう、今後が楽しみです。

◆戸田めぐみさん
初日のみ:ユニゾン☆ビート
「最高のユニゾン☆ビートだった、掛け値なしに」
全ては、戸田くんのブログを見れば分かる。

ameblo.jp

ライブ中もだし、このブログを見てからも、初日の出演者の中でトップレベルに気負っていたんだろうなぁ、と思いました。
なかなか今回のライブに向けてのレッスンが上手くいかず、ゆきんこにも相当心配されていたそうです。
けど、歩はダンスが得意な帰国子女。
ヘタレと散々いじられる歩のセールスポイントなんですよね。
そしてこの「ユニゾン☆ビート」自体、会場との一体感が一定以上必要な曲。
LTPの「Get My Shinin'」とは魅せ方が違う。

"盛り上がる" "一体感がある"

一体感を生むような曲調やコール&レスポンスがある曲って、演者からしてみれば怖いんじゃないかなって。
定番曲として何度も披露しているわけではないし、盛り上がっているビジョンだって何かきっかけがないと掴みにくい。
実際にやってみなきゃ分からないんですよね。
だからこそ、その一発勝負の舞台でよりクオリティの高いものを披露しないといけない、そのためにはレッスンでコツコツとスキルアップを目指していかないといけない。それはどんな曲でも同じだけれども。
「普通」に声優としてお仕事されている方にとっては、未知すぎるし、プレッシャーだって相当なものだと思います。
でも、戸田くんは最後までやりきってくれた。
お世辞にも余裕があったとは言えないけど、最後まで正々堂々と歌ってくれた。
徐々に会場がユニゾンしていくのを感じたあの瞬間。
会場からの反響を得た戸田くんがどんどん楽しそうな表情になっていって・・・・・
あの表情を見られただけで、「俺はもう満足だ!」ってね。

レッスンでの状況を知っていたゆきんこも、こう言ってました。
あのステージを見たら、やっぱりライブって上手い下手じゃないって改めて思います。
そう思った方は他にもたくさんいらっしゃるでしょう。
一番大事なのは、観客の魂をどんだけ揺さぶれるか …これしかないんだ。
そりゃ上手いに越したことはないけど、一番な大事なところは決してブレてなかった戸田くん。
素晴らしいことじゃないですか。
また、ブログでは真と一緒の舞台に立てるように、という話もありました。
そのレベルに辿り着くまでは大変かもしれない、でも今回のライブを見たPたちは一緒に成長していこうと温かい声を掛けてくれるはずです。
これから一緒に頑張っていこうぜ、歩。

木戸衣吹さん
初日のみ:おまじない
化け物。
とんでもない化け物。
シンデレラの黒沢、ミリオンの木戸、765の下田って感じだよね、もう。
3人に共通しているのは…キャラクターを通しての表現力と、その表現するうえでの意識の高さ。
いやいやいや、いくら成長期とはいえ、SSAでぐしゃぐしゃに泣きながら歌った「オリジナル声になって」から今回披露した「おまじない」で進化しすぎだろ!
メガストーンなしでメガ進化してるんだけど!!????!??
木戸衣吹メガレックウザ説提唱したいレベル。
表現力が天元突破してて笑っちゃうやつ。
ほら、あるじゃん、度が超えてる出来事があると笑っちゃうときって。まさしくそれ。
というかもはやそれすら凌駕していて、曲中に笑いながらボロボロと涙が出てくる。
そんな次元のパフォーマンスでした。


【アイドルマスター ミリオンライブ!】「おまじない」「WOW! I NEED!! ~シンギングモンキー 歌唱拳~」試 ...

まぁ世の中に良い曲なんて山ほどあると思うんですよ。
でも、歌ってる本人があんなに輝いて見えるっていうことはなかなかないし、そもそもそれって狙って出来ることじゃないです。
「伝えたい!届けたい!一緒に分かち合いたい!」
そういう楽しい気持ちがドストレートに伝わってくる。
「おまじない」という楽曲の魅力を5000%くらい引き出せるのってやっぱり木戸ちゃんしかいない。
歌を歌っている「木戸衣吹矢吹可奈」には、それだけの存在意義がある。存在意義の塊。
ライブ終わった後、皆して「木戸ちゃんヤバない?」って言ってた理由がここにある。
ほんとねぇ…こんなトンデモ芸が出来る子が、まだ17歳だっていうんだから困ったもんですわ。
初参加組のMCで進行をしきってたりもしましたし、いろんな意味で成長もしましたね。
ただ、そのときの話の振り方だったり(結構雑で笑った)、終盤でのみっくの絡みなど見てる感じだと、イベント等でオタクに悪いオタク用語教わってしまってる感がヤバかった(小並感)
どうか、木戸ちゃんだけはそのまま可愛らしくいてね・・・


というわけでライブから1ヶ月近く経つのに全然進んでない!
まだ1/3も終わってないけど、頑張って最後まで書き切るヨー!

次回更新→そのうち

広告を非表示にする