花澤香菜 Live 2015 「Blue Avenue」武道館公演 簡易感想

f:id:yomegaippai:20150504022231j:plain

会場:日本武道館

開場:17:00 開演18:00

出演:花澤香菜(敬称略)

以下、簡易感想。


まず先に本日のセットリスト。

01.I ♥ NEW DAY !
02.ほほ笑みモード
03.運命の女神
04.こきゅうとす
05.Night And Day
06.CALL ME EVERYDAY
07.青い鳥
08.無邪気なキミと真夏のメロディ
09.スパニッシュ•アパートメント
10.タップダンスの音が聴こえてきたら
11.Trace
12.Dream A Dream
13.We Are So in Love
14.25 Hours a Day
15.Young Oh! Oh!
16.片思いが世界を救う
17.Merry Go Round
18.君がいなくちゃだめなんだ
<アンコール>
19.恋愛サーキュレーション
20.Saturday Night Musical♪
21.恋する惑星
22.星空☆ディスティネーション
<ダブルアンコール>
23.I ♥ NEW DAY !







というわけで、花澤香菜ちゃんのライブツアー2015「Blue Avenue」初日、武道館公演!
参加された方はお疲れ様でした~。
実際のところ、お疲れどころか、逆に疲労が抜けましたよ。
それもこれも天使の歌声のおかげ。

ここ数日、風邪こじらせたり肩甲骨が異様に痛かったりで「このまま参加しても楽しめなさそうだな」と見送りも視野に入れてたんですが、何とか体調も空気を読んで元に戻ってくれたので、副業終わってから武道館へ直行。
1階南西スタンドE列と、当日券の割には結構良い席で香菜ちゃんのライブを堪能することが出来ました…ありがたや。

去年のツアー「25」のNHKホール公演ぶりの参加でしたが、やっぱり香菜ライブは凄まじいですねぇ。
ライブ後の満足感といいますか。
今日も公演中は楽しすぎてずっと「ほほ笑みモード」。
バックバンドは前ツアーのメンバー(ツインギター、ドラム、ベース、キーボード)に加え、ホーン隊(トランペット、サックス)の7名に。
個人的にホーンセクションはめっちゃテンションの上がる要素なんで歓喜しながら聴き入ってました。
あとは前回のライブレポ書いてなかったのでまとめて書いちゃいますけど、打ち込みメインの曲→ロックテイストになってたのがライブアレンジながら秀逸。
ドラムがファジコンのSATOKOさんっていうのも関係あるのかも?
(ちなみにドラムがSATOKOさんだと気付いたのは数日前でした…去年参加したときは「やけにドラム上手いな」ぐらいにしか思ってなかったンゴ)
というか、バックバンドと香菜ちゃんの相性良すぎません?って感じ。
歌声に魅かれつつも、バックのハイスペックな演奏に鳥肌立ちまくりでした。
おまけに数々の中毒者を生み出した名キャラソン「恋愛サーキュレーション」もライブで初披露。
あっという間にピンク色に染まる会場、用意されたようなコール&レスポンス。間違いなくこの日一番の盛り上がり。
まさか生きてる間にこの曲を生で聴ける機会がくるとは…もう何も思い起こすことはないヨ。

香菜ちゃんがとんでもなくノリノリだったのも本当に可愛かったなぁ…溜め息出るレベルで。
本人が「楽しい!」を連呼して、あれだけ笑顔でステップを踏みながら歌を楽しんでいるのを見てたら、こっちまで楽しくなっちゃいますよそりゃ。
チラっと近くの人見たけど、皆幸せそうな顔してた。
うん、俺も幸せだ。

そしてラストのMCでは涙する場面も。
「学生の頃、お仕事を辞めようと思ったことがあって」
「そのとき引き留めてくれたのが今のマネージャーなんですけど」
ぽてまよだったかな?…の仕事終わってから焼肉行ったときに泣きながら「花澤香菜いいんスよ!俺絶対売るんスよ!」って言って、隣の席にダイブしてめちゃくちゃ怒られたんですけど(笑)」
「マネージャーの自分の担当した子を武道館に立たせるっていう夢を叶えることができて、本当に嬉しいです!」

→(しゃがみこんで膝を抱えて泣いてしまう)
「マネージャーーー!!!嬉しいかー!!泣けーーーーーーー!!!!!!(舞台袖に向かって)」
「・・・まぁ、これからもやってくんで!」
「応援よろしくお願いします!」

実に香菜ちゃんらしいMCでしたね(笑)
マネージャーの某M岡さんも泣いて喜んだんじゃないでしょうか。
自分の担当した子が武道館を埋められるアーティストになるってのは、相当に感慨深いでしょうし。

いやはや、MCでも触れられてたけど、ソロデビューからもう3年。
正直、ソロデビューの一報を見たときは武道館声優になるとは思ってなかったですね。
発表会でのコンセプトに関しては、最初はピンとこなかったし、どんな楽曲が出来るんだろうか?と疑問符も。
でも、CDが発売されてから徐々にその疑いのようなものも解けていき、最終的には「コレ」ですからね。

ちょっと脱線しますが、昨今の声優業界ではソロデビューが珍しくない。
それはこの界隈に馴染みのある方ならご存知だと思います。
だから、結構固定ファンだったり、ファン層固めるのって今となってはかなり難しいことなんですよね。
人気アニメへの出演で人気がぐぐんと上がった人でも、ライブやCDの売上ともなると苦戦。
武道館レベルにまで持ってくるには、本人の努力や運営の策略だけでは上手くいかない場合だってあるわけで。
今の声優って「皆可愛いくて歌が歌える」のが当たり前みたいなところがありますし。

だからこそ、香菜ちゃんがこうして武道館でライブが出来るまでに成長したのは非常に意味のあることだと思います。
今日のライブでも、

「(開演直後)うわぁ~ペンライトってすごい!キレイだね!」(女性)
「(終演後)アンコールの一曲目、あれ何の曲だか分かった?」(男性)
「(三本締め後)へぇ、こんなのあるんだ、初めてやったw」(女性)

という声が近くの観客から聞こえてきたんですよ。
これってすごいことじゃないですか?
ペンライト持参なし、「恋愛サーキュレーション」を知らない、声優系のライブに馴染みのない人。
新規ファンの獲得に成功してる。
実際、今日のライブは女性率がかなり高かったですし、この界隈に馴染みのないような方も多く見受けられました。
ただでさえ今のファン数って飽和気味になりやすいのに、こうしてライブに初めましての人がいる。
そんな人たちが「楽しかった~!」と言っているのを聞いて、とてつもなく嬉しかったんですよね。
こういった点からも、「花澤香菜の音楽活動は相当に評価されている」と考えていいと思います。

そんなわけで、ライブ自体はもうホントに楽しかった!
花澤香菜の音楽活動といった点でも非常に実りのある武道館公演、3年間だったんじゃないかな、と。
ステキな音楽のおかげで、GW(頑張ろうワーキング)も乗り切れそうです。

っと、長くなりましたが、以上、香菜ちゃんへの愛のポエムでした。
なんてこったパンナコッタ!