「NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016」感想的なやつ

f:id:yomegaippai:20160413112946j:plain:w550

開催日:4月9日(土)/17:30開演・4月10日(日)/17:30開演
会場:東京ドーム
出演:水樹奈々

以下てきとーに参加感想。


f:id:yomegaippai:20160413120027p:plain

参加してきました、お奈々さん二度目の東京ドーム。
昨年記事にもしましたが、最新アルバムの「SMASHING ANTHEMS」が自分にとって結構なレベルの刺さらなさ具合だったこともあり、正直今回も素直に楽しめるかどうか心配でした。




で、結論から言うと、

めちゃめちゃ楽しかった。

オタク特有の掌返し。
まぁ仕方ないよね、楽しかった、というか楽しすぎたんだから。


ちなみに、この「めちゃめちゃ楽しかった」っていうのは2日間通しての感想。
初日公演後はやや不完全燃焼気味でした。
やはり公演内容の発表の際に『デビュー~2007年までの楽曲中心』という話が一番にきていたので、初期のレア曲やc/w曲が聴けるのでは、と大きな期待をしていた方も少なからずいたと思います。
自分もそのうちの一人(Open Your Heartちゃんはいつになったら…)

が、蓋を開けてみれば、確かに比較的古めの楽曲で構成されているものの、結構な頻度で歌われている曲がほとんど。
「これ、コンセプトライブって銘打つ意味ある?」っていうのが正直な感想でした。
ただ、「Love's Wonderland」の\FuFuu!/\FuFuu!/\ナナチャーン!/のコールがとてつもなく少なかったり、他の楽曲で裏跳びがあまりされてなかったりしてた所を見ているので、一時期よりは減っているかもしれませんが新規はそれなりに増え続けてるんだなぁと。
それを考慮すると、新規置いてきぼり・古参歓喜の楽曲まみれにしてしまうのは難しく、新規層を意識したセットリストになってしまっていたのは仕方ないかなとも思います。
こういう大きなライブなら尚更。
まぁ全く楽しくなかったって意味じゃなくて、自分の中での期待値が高すぎてちょっと肩透かしだったかな、程度。
大好きなニューセンとスティグルが聴けたからそこそこ満足。

f:id:yomegaippai:20160413112917j:plain:w500

そんな不完全燃焼気味な諸々が全て消し飛んだのが2日目。
「COSMIC LOVE」「Mr.Bunny!」「少年」「VIRGIN CODE」「天空のカナリア」など、選曲のまとまりが良く、ライブとして本当に楽しめました。
箒にまたがり、足をバタバタさせながらコズラブを歌う奈々さん可愛い…可愛くない?
そして心にグッときたのはAstrogation前のMC。

「創世期、開拓期を経て、水樹奈々は発展期へ」
「これから語っていく夢は、宇宙じゃ狭すぎる」

泣 き ま し た

このワンフレーズを聞いただけでブワッと涙が出ちゃいましたよ。
いや、ほんとね、奈々さんの言う「宇宙じゃ狭すぎる」の本当に宇宙じゃ狭すぎる感すごくない?
スケールがいちいちでかいくせに、その大きさに負けない水樹奈々 is 何者だよ。

でもって、水樹奈々 第3章 発展期ということですが・・・
あの人がここから発展したらどうなってしまうんだろう…何か良い意味でとてつもないことが起きそうで恐ろしさすら覚えますね…


ここからは個人的な見解ですけど、応援している人を神格化するのはあまり好きじゃありません。
好き、楽しい、良いと思ったことは素直に良いと言いたいし、周りの人と共感したり、他の人にも伝えたいと思っています。
けれども、何か違う、合わないと思ったことも素直に自分が感じたこととして受け止めたい。
ただ、それを一方的に否定するのも嫌で、それを共感したいとは思わない。
「ちょっと惜しかったよね」「こうしたらもっと良かったかも」っていうのはありますけどね。
応援している人が作り出すものが好き!っていうスタンスの人には分かってもらえないかもしれません。
自分は好きなら追いかけろ、合わないなら離れろ的な精神がモットー。

奈々さんに関しては、前述通り、ここ最近の傾向が苦手でちょっと距離を置くべきなのかなと感じていました。
水樹奈々の生み出す物全てを楽しめていた自分ではなくなってしまったから。
これ以上苦手になってしまったら、嫌いになってしまうかも、と焦る気持ちがすごかった。
そんな焦りや不安を抱えて参加したライブが最高に楽しくて。
そして「宇宙じゃ狭すぎる」発言を聞いて、改めて「奈々さんのことが好きだ」と思えたんですよね。
やっぱりこの人のことを追いかけ続けたい!ってね。

そういう意味では、今回のライブは自分の中ですごく大きなターニングポイントになりました。
まだまだ新参の部類ですが、何だかんだで6年近く追いかけてる人だし、この公演がなかったらより一層苦手意識が強くなったかも。

特大のロボで登場したり、メインステージの端から端を全力ダッシュで駆けながらパワフルな歌声を響かせたり。
奈々さんの進化は止まらず、もっと先を見せてくれるような気がします。
これからも楽しそうに歌を歌う奈々さんを見続けたい。奈々さんの笑顔がもっと見たい。
そう思わせてくれた公演だったなぁと強く感じました。

そんなわけで、ポエマーみたいな記事がまた出来上がってしまいましたが、要は「最高だった」ってこと。
念願の甲子園でのライブも決定しましたし、早くも9月が待ち遠しいです。
チーム水樹の皆様、ライブに参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。
東京ドームから目指す次のステージは、敵地・阪神甲子園球場
甲子園でもまた笑顔の花がたくさん咲きますように。
それでは。























改めて
胸に沁みこむ
奈々の良さ
ライブの後は
いつもポエマー

#GO奈々GO奈々奈々

Twitterには格先生を筆頭に高レベルな短歌ばかり上がっていて自分のを人目にさらす自信がないためここで供養。

『やっぱり、水樹奈々なんだよなぁ…』