NANA MIZUKI LIVE PARK 2016の感想的な何か

f:id:yomegaippai:20160924221342j:plain:w225 f:id:yomegaippai:20160924221328j:plain:w400

ついに来てしまった。
東京ドーム → 阪神甲子園球場 という同年にまさかの単独で伝統の一戦をしてしまうとは。

というわけで、「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」の参加感想です。
既に写真付の公式レポがいくつか上がってますので、詳細はそちらで。

以下、セットリスト。

1 アオイイロ 14 熱情のマリア
2 POWER GATE 15 STARTING NOW!
3 It's Only Brave 16 レイジーシンドローム
4 Naked Soldier 17 7COLORS
5 SCARLET KNIGHT 18 STAND UP!
6 アンティフォーナ 19 MASSIVE WONDERS
燃えろチェリボナイン 20 ETERNAL BLAZE
7 POP MASTER 21 アパッショナート
8 76th star 22 BRAVE PHOENIX
9 Summer Sweet アンコール
10 コイウタ 23 Fun Fun☆People
チームヨーダ 24 You have a dream
11 The NEW STAR 25 ミラクル☆フライト
12 Faith 26 恋想花火
13 TRANSMIGRATION Wアンコール
27 JET PARK

○GALAXY ~ PARKで完成したセットリスト
まず、今回のセットリストですが、LIVE GALAXYで歌われた曲が3曲しか入ってなかったんですよね。
しかも定番中の定番であるところのパワゲ、エタブレ、ポプマス。
もちろん、この公演だけで見ても(個人的には)バランスの良い選曲だと思いましたけど、GALAXYからの流れを一つと考えると、とても考えられているセットリストだなぁと。

ダンス枠は投票企画で1曲選曲。
MV投票でやらかされているだけに、全く期待してなかったですが・・・
選ばれたのは『Faith』。
なんや!やればできるやんけ!(テノヒラクルー
お奈々さんのファンになりかけていた頃に買ったLIVE FIGHTERのDVDを見て以来、生で聴けることをずっと心待ちにしていたので、ただただ感激しましたね…8年越しですよ。
直近の楽曲で一番お気に入りの『アンティフォーナ』、そして最新アルバムから『The NEW STAR』『熱情のマリア』『コイウタ。』。
アンティが良いのは分かり切ってたけど、スマアン曲たちも生で聴くとだいぶ印象変わりますね。
発売された当初、「自分にはあまり刺さらなかった」的なレビューを書いたんですが、CD音源よりもやっぱり生歌。
掌返しすぎて腱鞘炎になってる。

12月末にニューアルバムが発売されることを発表後、披露された新曲『STAND UP!』
昨年のツアーで中毒者を量産した『レイジーシンドローム』を作詞作曲されているヨシダタクミさんが提供された楽曲。
甲子園で歌うのにぴったりな応援ソングでしたね。
曲自体も良かったですし、今回のアルバムは長い期間をかけて少しずつ曲録りしているという話を聞いて、ホッとしました。

○なのは曲のパワーたるや
割と最近は過労気味だったシンフォギア曲が今公演ではお休みに。
そんな中、フォーカスされたのが、なのは曲だったわけです。
直前のMCで「近々公式から情報(続報)が出るかも?」と話した後の『MASSIVE WONDERS』~『BRAVE PHOENIX』までの流れ。
もうね、ここが本当に強すぎてアレ(語彙力不足)
シンフォギアの楽曲もすごく好きだけど、やっぱりなのは曲のオンリーワン感といいますか。
特別なんですよね。

そして。
『アパッショナート』を歌い終えた後、大粒の雨に打たれながらも披露したブレフェニが忘れられない。
一番サビ終わり、カメラに抜きで映った奈々さんが雨に濡れつつも本当に力強い歌声を会場に響かせている。
あのシーンの奈々さんが神秘的すぎるというか、「あぁ、伝説だ」とあの瞬間に確信しました。
後述しますが、雨をまるで舞台装置かのように操る奈々さんは一体何者なんだよ。

○この服装…このツインテール…この後ろ姿はァアアアア~!!??!?

やっぱりすみぺじゃないか!(歓喜
というわけで、今回の映像にはすみぺがゲストとして登場。
あの後ろ姿で気づいた方は多いでしょうね。
「裸じゃなければ何でもします!」とすみぺはあっさり出演を快諾してくれたそうで。
とりあえず水着写真集を出そう。

映像後には恐竜に乗って歌唱しながらグラウンド内をぐるっと一周した奈々さん。
名前はお奈々ザウルスらしい。い、いや、ダサいとか全く思ってないよ、ホントだよ。
一部では骨の恐竜だったからホネットさんとか言われてて笑いましたw
毎回映像中盤から「この流れは…」「あぁ…また作ってしまったのか…(困惑)」ってなるのが最高に楽しいので、冬ツアーも期待してます。

○初チャレンジ!サックスを披露
これはビックリしましたねー。
東京D公演後、「甲子園→高校野球ブラスバンド」という発想から、4月の終わり頃から練習を始めたそう。
4、5ヶ月であのレベルまで音が出せるようになるのは簡単じゃないとファイヤーも言ってましたし、たくさん練習したんだろうなぁ。
アンコール後も雨が降り続けていましたが、雨にも負けず、精一杯サックスを演奏する奈々さんの姿には胸を打たれました。
ファンピーのソロとか、音出すの難しそうなのに結構吹けてたし、改めてその素晴らしいチャレンジ精神には大きな拍手を送りたいですね。
六甲おろしも合唱出来て楽しかったな~。
アンコール後は雨具着てハンズフリーの状態だったから、テンションぶっ壊れて踊り狂っちゃいましたよ。

○天気をも操る“阪神タイガースファン”
ぶっちゃけ、開催一週間ほど前から天気のことが心配すぎて吐きそうでした。
台風も来てましたし、ちょうどイナズマロックフェスが悪天候が原因で中止になっていたので余計に。
ただ、そこは太陽神水樹奈々ですよ。
ライブ当日はお昼過ぎまで晴れ。
そこから少し雨は降りましたが、開演する頃には雨は止んでいる状態に。
残念ながら、終盤は大雨が降りしきる中でのライブになりましたが、『BRAVE PHOENIX』ではまるで舞台装置のように。
そして『恋想花火』では花火が打ち上がるタイミングで降り止む雨。

「あっ…ここで歌うってことは、雨が降ってなければ花火打ち上げてたんやろなぁ…」
「・・・ん?雨止んできてへん?」
「一体何が起こってるんだよ!!!!!!」

だいたい曲中こんな感じ。
奈々さん、やはり“何か持ってる”というよりは、“何か憑いてる”の方が正しいかなw
とにもかくにもヤバかった。

というわけで、他にもあの衣装が可愛かったとかジェット風船楽しかったとか色々あるんだけど、

総括すると「伝説のライブ」でしたっつーこと。

神とか伝説とか軽々しく言うとチープに聞こえるのであまり好きじゃないんですが、完全に「伝説」。
今まで自分が参加してきた中でも、とりわけ心に刻まれる公演になりました。
参加してよかったし、こんな素晴らしい場に立ち会えたのは本当に感謝しかないです。
ライブを成功に導いてくれたチーム水樹の皆さんやスタッフの方々、チェリーボーイズ、チームヨーダ、雨にも負けずにパワフルな歌声を届けてくれた奈々さん。
本当にありがとう。

7年ぶりの冬ツアーが楽しみだー!







今回も自分が主催をしているフラワースタンド企画でお花を贈らせていただきました。
まさか公式アカウントで有志のお花を紹介してくださるとは…!
お忙しい中ありがとうございます。

広告を非表示にする