ミリオン5th2日目の感想

ライブの感想は鮮度が命。

各所ゲームイベントに逃げるな。書き遂げろ。

そんなわけで、ミリオンライブ5thライブ2日目の感想です。

初日の感想はこちらから。
yomegaippai.hatenablog.com

今回はMS曲とミリシタ収録のユニット曲メインのセットリストでした。
ユニット曲は「ミリシタと同様、編成を自由に!」というテーマ。
notオリメンかつ、今まで歌ったことがない演者が曲を担当。これは面白かった。
パート割にかなりこだわっているように思えましたね。
エタハモに天ちゃん、マリオネットにすーじー、痺れたわ。

そんな中唯一オリメンで披露されたユニット曲が

灼熱少女「ジレるハートに火をつけて」

4thでは種ちゃんを除いた4人での披露でしたが、今回ようやく全員揃い踏み。
分かっていても、やはり熱くなるものがありましたね。


しかも全員泣かなかった

誰か感極まっちゃうんじゃないかなって、正直思ってた。
笑顔で喜びを噛み締めながらジレハを歌う彼女たちを見て心底ホッとしました。
と同時に嬉しかった。ゆきよさん頑張った。
禊、といったらちょっと意味が重すぎるかもしれないけど、もう、終わったんだなって。

パンフレットで種ちゃんが

「良ければおかえりではなく、サンキューとウェルカムを。」

と語っていました。

MCでそういう空気にさせないように、っていうのももちろんあったけど、「おかえり」と声を掛けている人は自分の目には入らなかったし、拍手でしっかり迎え入れることが出来たんじゃないかな。
種ちゃんと琴葉が「復帰」ではなく、皆と「合流」した。
自然とそう思える流れを作ってくださったのには本当に感謝しかないですね。

そして2日目もMOIW2014に関して言及が。
ゆきよさん、ゆいトン、ころあず、あいみん、ナンス。
あのとき立ったSSAのステージの経験が、今、生きていると。
始動したばかりのミリオンのメンバーとして、右も左も分からない状態で立ったSSAのステージを経て、4年後に自分たちの単独ライブで同じステージに立つ。
それぞれ、思うところがあったでしょうね。
当時のことを思い出しながら見るライブは、自分も相当感慨深かった。

そんな5thライブは一つの区切りだったと思います。年数的な意味でも。
紬と歌織が周年ライブ初参加、琴葉合流。
合同ライブ参加組が再び立つステージ。
ムビマス組で唯一MOIW2014に出演してなかったぜっきーがSSAのステージに立ったっていうのも区切り。

ミリオン5th、またの名をミリシタ1st。
そんなツイートを見かけましたが、本当にその通り。
ミリシタ配信の効果は絶大だったし、そこから入ってくれた人たちにも魅力が伝わりやすいライブだったもの。
LV勢的にはもっと映像演出欲しいと思ったけど、それ抜きにしても十分すぎたよ。
むしろ、"置かなきゃいけない曲ばかり"だったのにようやった。

さて、デレマスでは3rd~4thでアニメ展開に一区切りつけ、デレステ主体のライブに展開していきました。
ではミリオンはどうなるのか。
そう考えると、6thのツアーでの展開が気になるものです。
今回が割とスタンダードなライブだったから6thはとんでもないことになる。
そんな予感がしてるんですよね。かなり自由度高いはず。
アニメ化の発表がなかっただけに、色々と仕掛けがありそうで楽しみ。

というわけで、ミリオン5th2日目のLV参加感想でした。
本当はもっと書きたいことあるけど・・・例えばべーせんが"高山紗代子"だったとか野村の歌とMCに泣かされたとか。
全部上げてたらキリがないからここまでにしておこう。

5thライブ、ありがサンキュー。